謎怖 30巻(全20話)

スポンサーリンク

お盆に迎え火を焚いていなかったせいで

  これは、バイト仲間の神田さん(仮名)から聞いた話。   あるお盆の時期、神田さんの家に交番から電話がかかってきた。   用件は、「お祖母さんが迷子になって家へ帰れないでいるので交番まで迎・・・

突然泣き出したじいちゃん、そのワケは?

  今年の正月、じいちゃんに会った時の話。   じいちゃんの家を8年ぶりくらいに訪ねた。   じいちゃんは玄関までわざわざ出てきてくれた。   俺は「じいちゃん、久しぶり~」と声を・・・

落としたはずの御守りの腕輪が見つからない

  俺は、御守りとして水晶の腕輪をしていた時期があった。   ある日、仕事が終わって着替えが終わり、その腕輪を着けようとしたら、目線よりやや高い位置にあるロッカー内の棚から派手な音と共に落としてしまっ・・・

見上げると、空を大勢の人間が飛んでいた

  5年前の春、凄い強風の日があった。   灯油缶を入れる大型のケースが玄関の外にあり、過去に一度飛ばされた事があるので、確認する為に兄と二人で外に出た。   すると、ケースは玄関から2メー・・・

目を閉じても見える不思議な遊び

  俺と姉ちゃんの変わった能力体験の話。   「面白い遊びを聞いてきたよ♪」と、タオル片手に姉ちゃんが言ってきた。   曰く、『目を閉じても見える』というような遊びだという。 スポンサーリン・・・

幽霊の住む世界に迷い込んでしまう

  およそ10年前、当時は青森に住んでいた時の話。   中学生だった俺は、青森市●●会館という場所に所用で来ていた。   用事も終わり、さあ帰ろうと思って施設内の時計で確認した時間は、確か1・・・

大手術から数日後の夜、病室にやって来たのは・・・

  拝み屋のオカンの話。   私のオカンは当時66歳。   なにかと体に不自由のでる年齢ではあったが、いたって元気な肝っ玉ばあちゃんです。   ですが、そのオカンもついに胸苦しさを・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ