目を閉じても見える不思議な遊び

目隠し

 

俺と姉ちゃんの変わった能力体験の話。

 

「面白い遊びを聞いてきたよ♪」と、タオル片手に姉ちゃんが言ってきた。

 

曰く、『目を閉じても見える』というような遊びだという。

スポンサーリンク

生きているものは見えないはずが・・・

内容は、瞼を閉じてタオルで目隠しをすると、普通なら何も見えない。

 

また、目を開けていてもタオルで目隠しすると、やっぱり何も見えない。

 

しかし姉ちゃんが、「目を閉じたまま目を開けるんだよ」と言うので、俺はよく分からないままに目を閉じて、目隠しをして、目を開ける。

 

そしたら見えたんだ。

 

景色というのか、部屋の中の様子が。

 

残像じゃないの?記憶で再現しているだけじゃないの?と言いたくなるだろうが、本当にちゃんと見える。

 

それに、歩けるし、飛べるし、踊れる。

 

これはスゲェ!となったが、おかしなことに何処を見回しても姉ちゃんの姿がない。

 

すると姉ちゃんが、「生きているものは見えないんだって」と言う。

 

でも手探りで探すと、姉ちゃんは確かにすぐ近くにいた。

 

そんな状態のまま、声だけが聞こえる姉ちゃんとトランプをしたりして遊んだ。

 

最終的には外に出て遊んでいたが、近所の人に見つかり、「なんかおかしなことしとるけど危ないんじゃ?」と親にチクられて説教をされ、この遊びは禁止になった。

 

・・・が、隠れて時々やっていた。

 

そのせいか、寝る時はタオルで目隠しをしないと寝られなくなってしまった・・・。

 

最近、久し振りに姉ちゃんの家に泊まることがあり、寝る時にタオルを借りたらこの話になった。

 

そして、「今でも出来る?俺はもう出来んけど面白かったなあ」と言ったら、姉ちゃんが思いもよらぬことを言い出した。

 

「ずっと黙っていたんだけど、あれの時、たまにあんたの後ろにおっさんがおったんよ」と。

 

何それ?!怖えーよ!その時に言えよ!と思ったが、ふと「生きているものは見えないんじゃねぇのか?」と返すと、「だから黙ってたんよ~」と姉ちゃん。

 

こいつはアホか・・・と俺は思った。

 

あとがき

この遊びのコツは、ギュッと目を閉じてゆっくりと力を抜いていくこと。

 

薄皮を一枚剥くような、そんな感じだ。

 

目隠しはあった方が最初はやりやすいと思う。

 

俺は今でも調子が良いとたまに見える。

 

だが、あまり見たくない気もする。

 

うっかりおっさんが見えたりしそうで・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ