見上げると、空を大勢の人間が飛んでいた

空

 

5年前の春、凄い強風の日があった。

 

灯油缶を入れる大型のケースが玄関の外にあり、過去に一度飛ばされた事があるので、確認する為に兄と二人で外に出た。

 

すると、ケースは玄関から2メートルほど移動していて、道路まで出かかっていた。

 

慌ててケースを止めて運ぼうとしていると、兄が空を見上げて呟いた。

 

「なんか飛んでるぞ?」

 

見上げると、空を大勢の人間が風の向きに沿って飛んでいた。

 

強風で人間が飛ばされたのかと思ったが、それなら俺達も飛ばされているはずだ。

 

二人でその光景を呆然と見ていると、人間だと思っていたものが違う事に気付いた。

 

シルエットこそ人型だったが、飛んでいるもの一つ一つが別の物体だった。

 

それはマシュマロの様な白い塊だったり、穴の空いたチーズの様なものだったり。

 

兄が「人型の風船か何かか?」と言ったので、俺もそう思った。

 

だが、ニュースでそのような話題は全く聞かれず、ネットで調べても何も分からなかった。

 

それから3日後、兄が突然倒れてそのまま死んだ。

 

もちろん、持病などによる予見は全くなかった。

 

そんな兄は死ぬ前に、「飛ばされる!飛ばされる!」と何度も言っていた。

 

数日前に見た、あの光景と何か関係があるのだろうか。

 

それなら、兄と一緒に俺も見ているのだが・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ