超能力を使い過ぎてしまったせいで

脳

 

中学の前半くらいまで、

僕にはちょっとした超能力があった。

 

それは明日誰々と出会うとか、

ジャンケンで負けなくなるとか、

 

勘がすごく強くなるという類の、

ちょっとした超能力みたいなもの。

 

その力を発揮するのには、

少し儀式みたいなものが必要で、

 

自分では『頭を狂わす』と言っていた。

 

まず意識を集中して、

 

次から次へとごちゃごちゃとした

具体性の無いものを考えていき、

 

叫び出す一歩手前くらいで、

それを一気にクリアにする。

 

子供の頃からそういうのを

時々やっていたんだけど、

 

中学のある時、

 

学校で花札の「こいこい」

というのが流行った。

 

なんで中学で花札かと思うんだけど、

そのうちお金を賭けるまでになった。

 

少額なギャンブルだったけれど、

みんな結構本気になってやっていた。

 

僕からすれば、

 

初めて自分の能力が役に立ちそうな

場面だったから、

 

あの超能力を発揮する。

 

力をガンガン使って、

連戦連勝で結構な額を勝った。

 

そんなことをしていたある日、

 

いつものように家へ帰って、

夕食までテレビを観ていた。

 

何気なく夕飯の仕度をしていた母親を

ちらっと見たんだけど、

 

妙な違和感があった。

 

あれ、この人だれ?って。

 

ドキっとして周りを見ると、

確かに自分の家だった。

 

今そこで夕飯を作っている人も、

忘れるはずのない人なんだけれど・・・

 

知っているのは理解しながら、

それが誰だか分からなくなっている。

 

その事に物凄い恐怖を感じて

呆然としていたら、

 

たぶんなにかのアニメだったけれど、

 

テレビから聞こえてくる声も、

まったく意味が分からなくなってきた。

 

音としては聞こえているのに、

言語として意味を理解できない。

 

もうパニック。

 

夕食を作っている人に

呼びかけようとするんだけど、

 

なんて呼んだらいいのか分からない。

 

それどころか、

 

どうやって言葉を出したらいいのかも、

まったく分からない。

 

・・・やばい。

 

頭を狂わせ過ぎたから、

本当におかしくなったか!

 

パニックが連鎖する。

 

泣きながら目を閉じて必死に、

 

「ごめんなさいごめんなさい・・・」

 

と、謝り続けた。

 

すると母親が「どうしたの?」

と聞いてきて、

 

それがちゃんと理解できた時は、

本当に安堵した。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ