ご先祖さまを墓から連れ帰る儀式

墓地

 

これは、ある女性歌手が子供の時に、実家だか祖父母の田舎での話。

 

家々の周りの畑や田んぼの中には、先祖代々の墓があるような土地だそうだ。

 

そこではお盆の風習があり、『集まった親戚の中で一番の年少者が、夜中に提灯を持って一族の墓の前に行き、墓石に背を向けてしゃがんでご先祖さまの霊をおんぶしてから家に連れて戻ってくる』という儀式があるそうだ。

 

彼女がその役目の年、ろうそくの火がついた提灯だけを頼りに、怖さを我慢して家を出発した。

 

すると、墓の手前で火が消えてしまい、怖くなってそのまま引き返してしまった。

 

どうせ誰も見ていないから、と儀式通りにお連れしたことにした。

 

そして、仏壇の前でおぶってきたご先祖さまを降ろす動作をしてみせ、儀式を終えたかに思えた。

 

しかし、周りの大人たちはご先祖さまを囲んだ食事会の用意に取り掛かったが、仏壇の前に座っていたお婆ちゃんが「今年はご先祖さま帰って来ないねぇ」と呟いたそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ