体は猿で顔は老婆の生き物が伝えた予言

日本

 

これは、祖父が戦争中に中国で経験したという話。

 

日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父のいた中隊は中国の山間の道を南下していた。

 

ある村で一泊することになり、祖父たち下士官は馬小屋で寝ることになった。

 

多くの兵は野宿だったので、屋根があるだけ上等だった。

 

その真夜中、馬が騒ぎ出して灯りをつけてみると、天井から『体は猿、顔は老婆の生き物』がぶら下がっていた。

 

銃を撃ったが、まるで当たらない。

 

騒ぎに気づいた上官がやってきて、その生き物を見て驚きながらも土地の人間を連れてきた。

 

通訳を介して、「お前は何者か?何か伝えたいことがあって現れたのか?」と尋ねた。

 

するとその生き物は、「お前達の国は滅びる。だが三度の再生を果たすだろう」と言ったそうだ。

 

さらに会話はこう続く。

 

「それは吉予言か?」

 

「そうではないとも言え、そうだとも言えぬ」

 

「再生するのだろう?」

 

「四度目は無い」

 

そう言って、その生き物はスルスルと梁を伝い消えていった。

 

「追って捕らえますか?」と聞く祖父たちに、上官は「あれはこの世の者ではない。ほおっておけ」と言ったという。

 

戦後を一度目の再生と考えるなら、残り二回か・・・。

 

四度目は無いらしいからな。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ