彼女との非現実的な訳ありの二人暮らし

カップル 高校生

 

十数年前。

 

俺がまだ高校生だった頃に

付き合った彼女との話。

 

高1の夏休み前に、

父親の会社が倒産した。

 

家計が厳しくなったので

学校に許可をもらい、

 

近所の仕出し弁当を作っている工場で

バイトをすることになった。

 

昼は学校に行き、

そのまま夕方から夜は工場でバイト。

 

そんな生活が続いた。

 

父親は仕事から解放された喜びからか、

就活するどころか毎日遊んでいた。

 

必死に働く俺とは裏腹に、

毎日遊んでいる父親を見て苛立ったが、

 

落ち込むよりは良いということで、

そのままにしておいた。

 

そんな生活が秋くらいまで続き、

 

失業保険も終わり、

焦らないといけないはずの時期になっても、

 

父親は相変わらず就活もしないで

毎日遊びに行っていた。

 

ある日、そんな父を見てか、

母親が貯金を持って蒸発してしまった。

 

母親もパートで家計を手伝っていたので、

 

蒸発した悲しみよりも先に、

生活が心配になった。

 

それから母親が戻らず

二週間ほど経った頃、

 

「ちょっと母さんを探しに行ってくる」

 

と父親も蒸発してしまった。

 

結局二人とも帰ってくる事はなかった。

 

いきなり一人ぼっちになり、

 

お金も手持ちの分しかなかったので

さらに生活が厳しくなり、

 

高校も休学し、

バイトに専念することになった。

 

まだその時の俺は、

 

高校も休学してバイトをフルタイムで出来るし、

月15万ほど稼げるし持ち家だから余裕だろ、

 

と生活に関しては楽観的に考えていた。

 

が、実際の生活はギリギリで、

 

風呂も服も洗わず、

工場の弁当を貰って食べる、

 

という生活が続いたりもした。

 

両親を思い出して泣いたりもした。

 

友達も居なく、

頼るアテも無く、

 

精神的にも肉体的も辛かったが、

 

たまに父方の祖父と祖母が来て、

世話をしてくれた。

 

一緒に暮さないかと誘われた事もあったが、

 

「もうちょっと待ってみて、

 

両親が帰って来なかったら

お願いします」

 

とか言ったかな。

 

なぜそんな事を言ったのかは忘れたが、

そう言いながら後悔したの覚えている。

 

両親の事は既に諦めていたし。

 

まぁ、その時は不幸のどん底で、

人間不信にでもなっていたんだと思う。

 

そして、バレンタインの日。

 

バイトから上がろうとしていたら、

 

職場の年下の女の子から

チョコレートを渡され告白された。

 

もちろん俺はOK。

 

付き合う事になった。

 

ずっと誰とも話さなかった毎日の反動か、

 

彼女とは喧嘩も無く、

本当に幸せな毎日を送れた。

 

彼女は独特な世界観を持っていて、

 

考え方とかも他の人より変わっていて、

会話が噛み合わなかったりもしたけど、

 

それが逆に喧嘩をしないで済んだ

理由かも知れない。

 

春頃に彼女が家に居させてと、

深夜に家にやって来た。

 

話しを聞いたところ、

 

父親の借金が原因で家を追い出され、

そんな父が嫌になり逃げてきたらしい。

 

俺の家はボロい家だったが、

彼女と一つ屋根の下で二人暮らし。

 

夢の様な願っても無いチャンスだったので、

即OKし同棲生活が始まった。

 

次の日の朝。

 

俺がボーっとしていたら、

彼女が変な事を言い出した。

 

「私、人の心が読めるんだ。

 

今さ、頭の中で●●の曲、

歌ってたでしょ?」

 

俺は呆気に取られながらも、

寝ぼけて鼻歌でも歌ってたんだろうな・・・

 

とか考えていた。

 

だが、俺の考えとは裏腹に、

 

彼女は何かある度に、

俺の頭の中を覗いてきた。

 

俺は恐怖もあったが、

 

また一人になるのも嫌だし、

同棲生活は楽しいし、

 

そのまま二人暮らしを続けた。

 

彼女が家に来てからは、

おかしな事が起こり始めた。

 

家の隣の畑から深夜、

お祭り音がしたり、

 

夜寝ようとすると、

隣の部屋から変な音がするし。

 

そんな狂った生活が続き、

季節は夏へ。

 

彼女は、もっと変な事を言い出した。

 

「前に人の心が読めるって言ったけど、

実はあれは嘘で、

 

○○(俺)の近くに居ると、

○○の心が聞こえるんだよ。

 

他の人も聞こえるって言ってるし。

 

でも私は○○の事を好きなのは変わらないし、

本当に今まで嘘ついててごめんね」

 

俺も「嘘だろ?」と言ったが、

 

彼女は真面目な顔をしているし、

本当の事だと信じた。

 

凄く怖くなった俺は、

それからは何も考え無いようにして、

 

「ちょっと出かける」と言って、

 

家を出て人の居ないような農道を

フラフラと歩いていた。

 

日も落ち始めた頃、

やたら空が眩しくなってきた。

 

俺はボーっとその空を眺めていた。

 

それからしばらくして、

気が付いたら病院のベットの上だった。

 

近くに看護婦さんが居たので、

話しを聞いた。

 

俺は自分が熱中症で倒れたんだと

勝手に思っていたが、

 

どうやら全く違ったようだ。

 

それどころか、

 

この病院に入院してから

既に1年近く経っている。

 

さらに、

 

ついさっきまで起きていて、

何か行動をしていたらしい。

 

もちろん俺には記憶が一切無い。

 

窓の外を見ると、

初冬という感じで寒そうだった。

 

さっきまで夏だったよな・・・

 

とか混乱する俺の元へ

担当の医者がやってきて、

 

状況を説明してくれた。

 

高1の年明けに、

 

自宅で錯乱状態だった俺を

たまたま世話に来た祖母が見つけ、

 

そのまま119番してくれたらしい。

 

正直、さっき家を飛び出して

熱中症で倒れたと思ったのに、

 

こんな事を話されても理解出来ない。

 

そもそも、

高1の冬って彼女と出会う前だし、

 

じゃあ、彼女との記憶は?

そもそも彼女は存在しないのか?

 

平然を装っていたが、

頭の中は完全にパニックしていた。

 

ベットの中で頭をどれだけ整理しても

全然理解出来なくて、

 

一週間くらい食事も殆ど食べれなかった。

 

でもよく考えると、

 

バイト先に高1の自分より年下の彼女に

会うことは普通ありえないし、

 

あの生活自体が矛盾だらけだったし、

現実を納得せざるを得なかった。

 

一時は自殺しようとも考えたが、

結局ビビりな俺では死ねなくて、

 

今日まで統合失調症の治療をしながら

ダラダラと生きています。

 

今でも彼女の事は好きだし、

夢であの同棲生活を見たりする。

 

そして泣いたりもする。

 

おかしな彼女も、

そんな彼女を持った幸せな自分も、

 

違う世界でまだ幸せに暮してるのかな・・・

とか思ってみたり。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ