とある独身者向け物件の風呂場の怪

風呂場

 

不動産屋に勤めている姉から聞いた話。

 

ある独身者向けのマンションなのだが、

 

その部屋を訪れると、

いつも風呂の浴槽に水が張ってある。

 

水道は通っていないので、

水の出所など無いはずなのに・・・

 

午前中の内覧の時に水を抜いても、

午後に再び訪れたらまた水が張っていた、

 

ということも度々あった。

 

一体どういうことなのか、

さっぱり分からない。

 

そして、

 

何故か水が張っているのを見るのは

姉だけだという。

 

同僚たちは一度も見たことが無いとか。

 

また、一度だけピチャピチャと、

水を撫でるような音を聞いたらしい。

 

見に行くと、

風呂場には誰もいなかった。

 

しかし、

 

浴槽の水面はさっきまで誰がが

触っていたかのように、

 

ゆらゆらと波打っていたという。

 

その部屋はずっと借り手がつかなかったが、

今年の春から男性が住み始めたという。

 

姉はもう少し研究して、

その謎に迫りたかったと残念そうだった。

 

入居した男性からは、

まだクレームの類いは無いという。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ