事故物件に住んでみた

マンション

 

友人の親が不動産屋をやっていたのだが、 

過去に自殺や不審死が数件あって、

 

事故物件というのか、

いわく『出る』という部屋を借りてみた。

 

家賃が格安というか、

実質ほぼ無料。

 

(共益費と水道代のみ)

 

最初は友人が住んでいたのだが、

 

やっぱり出ると言い、

俺が引き継いだ。

 

しばらく住んでみて、

体験しようと思ったわけだ。

スポンサーリンク

事故物件にはやはり何かある・・・

住んだ初日から頭痛に

吐気や悪寒で、

 

それが良くなった頃には

鬱になっていた。

 

部屋にいると、

 

前の住人らしき男が

生活しているのを感じた。

 

自分の部屋なのだが、

 

そこに前の住人の生活が

重なっているように見えた。

 

ベッドに寝ながら、

その男の生活を眺めていたりした。

 

完全に狂っていた。

 

リビングには10センチほどしか開かない

回転式の窓があったのだが、

 

なぜかそのストッパーを工具で外して

全開にしてみたりしていた。

 

その頃は幻聴も酷かった。

 

主に生活音の幻聴。

 

部屋にラジオは無いのに、

ずっとラジオの音とか。

 

それで、ある日のこと。

 

この部屋は9階なのだが、

俺はその窓から身を乗り出していたんだ。

 

腰のところからグーッと乗り出して、

外を見下ろしたら下に人がいた。

 

「今ここから落ちたら確実に

あの人とぶつかるな・・・」

 

そんなことを考えていたら、

いつの間にか窓から飛び降りていた。

 

下の男が顔を上げて、

俺たちは目が合った。

 

あの顔は忘れられない。

 

気がついたら病院だった。

 

俺は5階の自分の部屋から落ちて、

下に停めてあった軽自動車に落下。

 

(本来開かない窓の金具を外していたので、

事故というより自殺と思われている。

 

下を見た時には軽なんか無かったと思う)

 

骨盤と足首、肘を骨折。

 

人にぶつかったと訴えたが、

 

俺が目が合ったと思った、

下にいた男は存在せず、

 

錯乱時に見た幻覚ということで

処理された。

 

前の住人だった友人も、

駆けつけてくれた。

 

日に日に俺の言動が

おかしくなっていくので、

 

心配していたとのこと。

 

精神的に逝っていた俺は、

何故か9階に住んでいると思い込んでいた。

 

実際は5階だった。

 

5階の部屋で、

不審死や自殺は1件もない。

 

ただし、

垂直上の9階の部屋の話は本当だ。

 

ただ、もうずっと空き室状態。

 

タダ同然で部屋を貸してくれたのは・・・

その部屋が友人の持ち物(分譲)で、

 

その友人(男)は俺に対して

下心を持っていたからだという。

 

「霊が出る」と嘘をついたのは、

 

怖がらせて泊まりに行くための

口実だった。

 

あとは多少の悪ノリだったと。

 

部屋を出た理由は単純に、

恋人(これも男)と暮らすからだった。

 

それで一番寒気がしたことは、

 

俺と友人の前に、

5階の今の俺の部屋に住んでいた男は、

 

マンションの下にいて、

 

9階から飛び降りた奴の巻き添えで

大怪我をしたということ。

 

「・・・本当に怪我で済んだのか?」

 

「・・・実はその時、

死んでいたのではないか?」

 

訊いても真実は答えてくれないだろうし、

それからは友人とも疎遠になった。

 

俺が狂ったのか?

 

それとも、

あそこに何かあったのかは分からない。

 

今は幻聴とか全くないし、

元気にしている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください^^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←←ランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ