九州にある犬鳴峠と言われる場所へ

犬鳴き峠

 

バイト先の友達(A)に聞いた話。

 

Aは地元が九州で、

 

先輩と一緒に近くの心霊スポットに

よく行っていたらしい。

 

その日も、先輩や友達数人と

車を走らせて向かった。

 

行き先は『犬鳴峠』という場所だとか。

 

その峠の側には部落の村があり、

外とはまったく交友を持たないらしい。

 

峠に行くまでには、

森を通らなければならない。

 

車を止めて、外に出る。

 

入り口には中に入れないように

ロープが張ってあり、

 

板に警告と思わせるような

注意書きが書かれていた。

 

『この先、日本国憲法は適用されません』

 

それを見たAは、

正直ビビッたという。

 

『殺されたりしても文句を言うなよ』

 

Aはそう解釈したからだ。

 

周りもかなり引いていたらしい。

 

ここで帰るわけにもいかず、

 

むしろ中に何があるのか

余計に興味を持って、

 

ロープの下を潜り、

中に進んでいった。

 

森の中は昼でも薄暗く、

なんだか不気味な感じがしたという。

 

しばらく進むと、

後ろから足音が・・

 

最初は自分以外の誰かの

足音だと思っていた。

 

でも、

すぐにおかしいことに気がついた。

 

先輩は自分の前を歩いているし、

友達もすぐ横にいる。

 

じゃあ、あの足音は?

 

そう考えると、

めちゃくちゃ怖くなった。

 

他のヤツも同じ考えらしい。

 

みんな青ざめた顔をしている。

 

自然にみんなが早足になる。

 

しかし、

足音はだんだん近づいてくる。

 

もう、すぐ側まで来ている。

 

Aは半分パニックだったという。

 

すると、

ある男女が横を通り過ぎた。

 

夏なのに二人とも、

黒いコートを羽織っていた。

 

その男女は通り過ぎて、

森の奥へと消えていった。

 

二人の顔を見てしまったAは、

突然叫び声をあげた。

 

二人とも顔がグチャグチャだった。

 

怪我やヤケドではない。

 

奇形児のように、いや、

それ以上にグチャグチャだったらしい。

 

Aと仲間たちは、

堪らず来た道を走って戻った。

 

車まで戻ると、

すぐに携帯を取り出した。

 

全員、携帯電話を車に

置きっぱなしで行っていた。

 

(A曰く、森の中で突然鳴り出したら

怖いから・・・という理由らしい)

 

携帯の電源を切った覚えはないが、

切れていた。

 

電源ボタンを押すが、

一向につかない。

 

他のヤツも同じらしい。

 

みんな、かなりパニクっていた。

 

一刻も早く、

誰かと話して安心したかったが、

 

仕方がない。

 

車を出し、

道を引き返した。

 

すると突然、

Aの携帯の電源が入った。

 

画面を見て、

背筋が凍った。

 

『着信23件』

『メール30通』

 

着信は非通知で、

メールはすべて空メール。

 

しかも、

アドレスが表示されていない。

 

メールを受信した時間は、

ちょうど森を歩いていた頃だったという。

 

Aは今でも時々、

先輩と心霊スポットに行くらしい。

 

懲りないAである。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ