しょっちゅう金縛りに遭う部屋

和室

 

15年くらい前になるが、友人と二人でボロくて古いアパートの一室を借りて住んでいた時の話。

 

当時19歳の男二人なので、毎日夜中までドンチャン騒ぎしていた。

 

そして朝から仕事だった為、毎日が寝不足に。

 

そんな生活をしていたせいなのか、しょっちゅう『金縛り』に遭っていた。

スポンサーリンク

今日のはアカンやつやったわ

最初の頃は寝不足が原因と思って気にしなかったが、そのうちその金縛りに2パターンあることに気付く。

 

一つは、「はいはい、また来たな」という感じのもの。

 

もう一つが、来る前から部屋の空気が変わり、何かの気配を感じるもの。

 

これがかなり怖かった。

 

よく友人と「何かあるんかの~、この部屋?」というような会話をしていた。

 

ちなみに、二人とも金縛りに遭う。

 

しかしヤンチャな年頃だったので、「おもろいやん!」とあまり気にしていなかった。

 

そんなある日、朝方4時頃に目が覚めた瞬間、「アカン、これはヤバイ」と思う空気になった。

 

横になっている背中側から、物凄い気配を感じる。

 

絶対に見たらあかんと何故かそう思い、必死で目を瞑りながら助けを呼ぼうとする。

 

・・・が、動けないし、うめき声くらいしか出せない。

 

すると、隣の部屋を繋いでいる襖が勢いよくバン!と開き、友人が「大丈夫か!」と入って来てくれた。

 

その瞬間に金縛りは解けたが、汗をびっしょりとかいていた。

 

「今日のはアカンやつやったわ」と言いながら、友人に感謝した。

 

それから30分後、ウトウトしていたら隣の部屋から「うう・・・う・・あ・・・・」とうめき声が。

 

もしかして!?と思って襖を開けると、友人が泣きそうな顔で「こっちに来たわ・・・」と言った。

 

結果、その晩は同じ部屋で寝ることになった。

 

一体あのアパートには何があったんだろうか?

 

ちなみに、今はそこに住んでいない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ