雪が溶けた春に山小屋へ行くと

座布団

 

昔ね、2~30年前の話。

 

そこには山小屋があってね。

 

春になって雪が溶けてから、

係りの人が鍵を開けに行ったって。

 

そしたらね、

中で人が亡くなっていたって。

 

男の人だったって。

 

迷ってしまったのか、

 

それとも雪に降り込められて

下山できなくなったのか。

 

それはわからないけれど、

 

多分その人はお腹が空いていて

仕方がなかったんだろうね。

 

その人の口からね、

綿がはみ出していたって。

 

山小屋なんて言っても、

泊まれるような施設ではないの。

 

地元の人が山菜採りなんかに行って、

雨宿りしたり弁当食べたりする程度の所で、

 

座布団がいくつかあったって。

 

その男の人の腹の中から喉から口まで、

座布団の綿しか入っていなかったって。

 

近所の人は、

みんな不思議がったって。

 

だって、その山小屋、

 

近くの家まで歩いたって、

1時間もかからないはずなんだって。

 

怪我もしていないのに、

なんで助けを呼ばなかったんだろうね、って。

 

それを聞いた年寄りの人がね、

こう言ったって。

 

「雪に誑かされたんだね」

 

※誑かす(たぶらかす)

だまして惑わす。人をあざむく。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ