突如消えた友人の最期

ダウンジャケット

 

学生の頃に出会った友人Aの話。

 

彼は9割が入寮している新入生の中では珍しく、

アパートを借りて一人暮らしをしていた。

 

その日は12月25日。

 

クリスマスイブのイベントも済ませ、

翌26日からは冬休みに入る事もあり、

 

珍しく多人数で居酒屋に行って飲んでいた。

スポンサーリンク

謎だらけの友人の死

僕が通っていた大学はキャンパスがとても広く、

南北に4kmくらいに渡って広がっていた。

 

外の居酒屋と言っても、

その長いキャンパスの中ほどの外れにあり、

 

寮から歩いて行ける事もあって、

みんなよく利用していた。

 

Aのアパートは、

キャンパスを横切った反対側にあった。

 

その日もたくさん飲んで、

さあ帰ろうとなった。

 

数日前に降った雪がまだ積もっていたが、

火照った体に冷たい風が気持ちよく、

 

みんなでぞろぞろと寮まで歩いていた。

 

Aは、「冬休みに入ったら実家に帰る」

と話していた。

 

その事が結局、

結末を遅らせる事となった。

 

Aとは途中の道で別れた。

 

年が明けた1月2日、

電話がかかってきた。

 

Aが行方不明らしい。

 

実家に帰っていた僕は、

連絡を受けて寮に帰ってきた。

 

同じように連絡を受けた友人数人が、

すでに寮に戻っていた。

 

僕らは手分けして、

 

Aのアパートはもちろん、

友人、バイト先、パチンコ屋など、

 

Aが行きそうな所を

八方手を尽くして捜した。

 

もちろんあの日、

 

年末の飲み会の日にAと別れてから

Aのアパートまでの道中も捜してみた。

 

キャンパス内のあちこちには、

行方不明の看板が立てられた。

 

新聞にも載ったが、

一向にAは見つからなかった。

 

受験シーズンが過ぎた2月の半ば頃から、

奇妙な事が起こるようになった。

 

寝ているわけでもないのに、

幻覚を一瞬見る感じだ。

 

クローゼットを開けると、

 

Aが着ていたものと同じ

青いダウンジャケットが掛かっている。

 

え?!と思うと、

それはもう無い。

 

授業中にも、

ふと視界に青いダウンジャケットが目に入り、

 

振り向いてみるが、

やはりそんなものは無い。

 

悪い夢を見るわけでもない。

 

日常のふとした瞬間に、

 

Aの青いダウンジャケットを

見かけるような気がすることが続いた。

 

そんな時だった。

 

Aが発見された。

 

あの日に別れた場所からかなり北にいった、

 

キャンパス内のテニスコート横の

植え込みの中で凍死していた。

 

雪が溶け始めた頃、

 

青い服のようなゴミが落ちていると

思った職員が、

 

拾いに行って見つけたらしい。

 

あまり腐敗もせず、

動物に荒らされた跡もなく、

 

少しミイラ化した状態だったようだ。

 

Aがなぜそんなところへ

歩いていったのかは分からない。

 

道に迷ったのか・・・

何か目的があったのか・・・

酔って眠り込んでしまったのか・・・

 

もう、それをはっきりさせる術はない。

 

あの鮮やかな青いダウンジャケットを、

 

僕が見つけてやる事が出来なかったのが、

少し悔しい。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ