残業終わりの社内見回りにて

トイレ

 

霊感なんて全く無く、

自分には生涯無縁だと思っていた、

 

俺の唯一の心霊体験。

 

以前勤めていた会社は4階建ての

こじんまりとした自社ビルで、

 

古いながらもエレベーターも付いていた。

 

そしてその自社ビルでは、

 

『一番最後に帰宅する人が全ての階を

見て回って消灯などを確認する』

 

という取り決めがあった。

スポンサーリンク

誰も居ないはずなのに・・・

その日、俺はPCのトラブルで、

同僚と二人で22時頃まで残っていた。

 

仕事が終わると同僚と取り決め通りに、

 

4階から順番にエレベーターで降りながら

各階の電気を確認していった。

 

2階のチェックも終わり、

残すところは1階だけ。

 

そう思いながら1階に降りると、

フロアの様子が変だった。

 

1階は大きく開けているはずなのに、

 

エレベーターを降りて真っ直ぐ歩くと、

棚にぶつかったのだ。

 

真っ暗でほとんど何も見えないが、

明らかに物の配置がおかしい。

 

そう不審に思っていると同僚が、

 

「おい、ここ2階じゃないか」

と、ぽつり。

 

言われてみれば、

 

エレベーターを降りて真っ直ぐの場所に

棚があるのは2階だけだ。

 

でも、さっき2階はチェック済みだし、

 

その後に乗ったエレベーターでは、

確かに下の階に移動する感覚があった。

 

「とりあえず下に降りようか」

 

そう言って下に降りようとした時に、

 

フロアの隅にあるトイレから、

ジャーと水洗を流す音が聞こえてきた。

 

またそれと同時に、

トイレの明かりが急に点いたのが、

 

トイレのドアのすりガラス越しにも

はっきりと見えた。

 

「誰か居るのかな?」

 

思わず同僚と顔を見合わせたが、

 

そもそもトイレの電気のスイッチは

トイレの外側に付いているので、

 

中にいる人が点けられるはずがない。

 

一瞬で鳥肌が立ち、

 

同僚共々エレベーターに乗り込み、

閉まるボタンと1階のボタンを連打した。

 

エレベーターが古いせいか、

扉が閉まるまで時間がかかるが、

 

その間も怖くて仕方がないのに、

トイレのドアから目が離せなかった。

 

ようやくエレベーターの扉が

閉まってくれた時には、

 

心底ほっとした。

 

でも、また2階だったらどうしよう・・・

 

そんなことを考えていたけれど、

今度は無事1階に着いた。

 

タイムカードを押し、鍵も閉め、

一段落ついたところで、

 

「ああ、良かった」

 

そう言いながら同僚を見ると、

引き攣ったような顔をしていた。

 

「おい、どうした?」

 

と、問いかけると、

とつとつと教えてくれた。

 

※とつとつ

口ごもりつつ話すさま。言葉をとぎれとぎれに言うさま。

 

2階から降りる時、

角度の問題で俺には見えなかったが、

 

扉が閉まり切る直前に、

トイレの扉が開いたらしい。

 

「何か見えたのか?」

 

と訊くと、

同僚は首を振った。

 

「なにも・・・ない・・・

何も見えなかった・・・

 

誰も居なかったのに、

また水が流れて電気が点いたんだ・・・」

 

と言った。

 

この一件があるまでは、

一人で残って戸締りをやっていたが、

 

今では怖くて最後まで残れない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ