休憩室に隠されていた部屋 2/2

閉鎖

前回までの話はこちら

宛先が昔の弁当屋の名前になっていた。

 

さらに、葉書の表側には・・・

 

頭が変な風に横に潰れて大きく、

のっぺらぼうで口だけが裂け、

 

手足が異様に細い白いぬいぐるみが、

踊っているような絵が書いてあった。

 

葉書は2年くらい前に届いたもので、

場所が遠いので行けないと思いながらも、

 

記載してあった画廊に問い合わせると、

そんな展示の予定は無いと言われたそうだ。

 

「なんか捨てるに捨てられなくてさあ」

 

と言いながら、

先輩はそれを引き出しにしまい込んだ。

 

その後しばらくは、

先輩と連絡し合ったりしていたけれど・・・

 

今年の春、

店が老朽化で建て替えになるので、

 

「この機会に、

両親の面倒を見るため田舎に帰る」

 

という電話が来た。

 

何度か連絡しようとしたけれど、

携帯を変えたらしくて通じなかった。

 

暑中見舞いも出してみたけれど、

宛先不明で戻って来た。

 

結局は何だったのか分からないままだが、

俺はもうあそこには行かない。

 

後日談

バイトを辞めてからも、

なんだかずっと心に引っかかっていた。

 

ネットでオカルトなどを調べてみたけれど、

似たような話が全然無かった。

 

いろいろ考えた末に、

俺が頭を怪我した理由として、

 

俺だけが”茶髪”だったことくらいしか

本当に思いつかない。

 

先輩に見せてもらった葉書に書かれていた

ぬいぐるみのような絵は、

 

昔に教育テレビでやっていた番組の

タップくんに似ていた。

 

※参考:タップくん

タップくん

 

けれども、

もっと不愉快な感じのものだったが・・・

 

変な風にねじくれた印象だった。

 

そして先月の終わり、

あの店があった場所へ行った。

 

店はまだ取り壊していなかった。

 

『都合により閉店します』

という張り紙がまだ貼ってあって、

 

ウィンドウから覗いてみたら、

中の什器などは全部残っていた。

 

※什器(じゅうき)

商品やカタログなどを陳列・設置・掲示するための器具・器材。

 

カウンターの上には、

使った食器が出っぱなしだった。

 

あの女から届いた葉書は、

きっとまだカウンターの引き出しにあると思う。

 

先輩はあの女が好きだったから。

 

もう行きたくないという気持ちと、

もう一度あの絵を見たい気持ちの両方ある。

 

先輩の消息も知りたい心配な気持ちと、

もう関わりたくないような感じもする。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ