ずっと感じていた背後からの視線

人形

 

俺が子供の頃の話。

 

我が家には物置代わりに使っていた

屋根裏部屋があった。

 

いつからかそこは俺のゲーム部屋になり、

 

学校が終わると、

いつもそこへ入り浸るようになっていた。

 

秘密基地みたいな感じだったし、

 

ゲームにも集中出来るので

お気に入りの場所だったけれど、

 

一つだけ気になる事があった。

スポンサーリンク

貴様!俺を見てるだろ!

ちょうどテレビに向かってゲームをしている

俺の背後・・・

 

そこに、

不気味な市松人形が三体あった。

 

よくテレビの心霊番組で”髪が伸びた”と

話題になるような感じの人形。

 

俺はかなりのビビリなので、

もう気になって仕方なかった。

 

その中でも一体だけ、

やたら精巧に出来ている人形があり、

 

目玉が今にも動き出しそうで

本当に怖かった。

 

あまりにも怖かったので、

ゲームをやっている最中にも、

 

「貴様!俺を見てるだろ!」

という感じで、

 

バッと後ろを振り向いたりして

時々警戒していた。

 

でもそれだけだと不安だったので、

 

「俺はお前が見てるの気付いてるから

馬鹿なマネはよせよ。

 

俺は霊能力が高いし、

 

俺に手出したら俺の守護霊が

黙っちゃいないからな!」

 

と口で言っては牽制もしていた。

 

(ちなみに俺の守護霊は、

死んだ婆ちゃんだと勝手に思っている)

 

その甲斐あってか、

 

その人形は相変わらず不気味だったが、

髪が伸びるわけでも目玉が動くわけでもなく、

 

それは大人しいものだった。

 

ただ・・・

背中には常にゾクゾクと悪寒が走り、

 

何かに見られているという感覚だけは

いつも付きまとっていた。

 

しばらくして俺には一人部屋が与えられ、

屋根裏部屋は本格的に物置となった。

 

それから更に年月が経った頃、

 

家族で夕飯を食べている時に、

その屋根裏部屋での体験を話してみた。

 

すると、

話を聞いた両親が顔を曇らせた。

 

「人形は一体しかないはずだけど?」

 

なにを馬鹿な・・・

 

人形は三体あって、

その内の一体が不気味なんだよ・・・

 

俺はしつこく食い下がったが、

両親も譲らなかった。

 

「じゃあ、実際に確かめてみようよ」

 

そう言って屋根裏部屋へと向かった。

 

そこには確かに一体しかなかった。

 

それは、あの不気味な一体だった。

 

どれだけ探しても、

その一体しかなかった。

 

二体でも三体でもなく、一体のみ。

 

聞けば、その不気味な一体は、

 

死んだ婆ちゃんがいつも大事に

していた人形だそうな。

 

俺が感じていた悪寒や視線は、

 

もしかしたら居ないはずの二体から

感じていたもので、

 

実は婆ちゃんの人形が

俺を守ってくれていたのかも知れない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ