死が連鎖した廃家での肝試し

ハンマー

 

私はかつて、あるクラブのキャプテンをやっていました。

 

そのクラブでは毎年新入生の“肝試し”が伝統行事となっており、私がキャプテンになった年も実施することになりました。

 

肝試しの場所に選んだのは、一年前に殺人事件があったという廃家でした。

 

新入生は三人。

 

夜中に皆が見守る中、一人ずつ廃家に入って行き、あらかじめ奥に置いてあるバッジを取って来るというものでした。

スポンサーリンク

当時の部員で残っているのは・・・

まず最初の一人が中に入りました。

 

ところが、待てども待てども彼は戻って来ません。

 

そこで彼を探すことも兼ねて二人目が入って行きました。

 

しかし、二人目も戻って来ません。

 

そして三人目が行くことになりました。

 

彼は三人の中で最も体格が良く、我々も期待しました。

 

しかし、やはり彼も戻りません。

 

事故の可能性もあるので全員で廃家内を捜しましが、三人は見つかりませんでした。

 

・・・と、その時、私は上から『トントン、トントン』という音が聞こえるのに気づきました。

 

音は微かですが確かに聞こえてきます。

 

私は恐怖を抑え、音がする方へと近づきました。

 

音は屋根から聞こえてきます。

 

私は窓を開け、そこから屋根に上りました。

 

そこには三番目に廃家へ入った新入生がいました。

 

彼は絶望した表情を浮かべ、訳の分からないことを小声で呟きながら、屋根を薄汚れたハンマーで『トントン、トントン』と叩いていました。

 

私が彼に声を掛けても、彼は何の反応も示しません。

 

私は他の部員を呼び、彼を屋根から引きずり下ろして病院へ運びました。

 

しかし、間もなく彼は息を引き取ってしまいました。

 

その後どれだけ捜しても、残り二名の新入生は見つかりませんでした。

 

問題を起こしたクラブは廃部になりました。

 

それからというもの、毎年その”肝試しの日”になると、当時部員だった者の誰か一人が必ず発狂して亡くなっていきました。

 

彼らは皆、訳の分からないことを呟きながらハンマーで床を『トントン、トントン』と叩きだし、そのまま死を迎えました。

 

明日がその”肝試しの日”で、当時の部員で残っているのは私一人だけなのです・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください^^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←←ランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ