高熱を出して寝込んでいる時に

体温計

 

小学5年か6年生だった頃の話。

 

当時の俺は身体が本当に弱くて学校もよく休んでいた。

 

平日なのに家にいる時間が多く、友達も多くなかった。

 

ある日、いつものように高熱を出して自分の部屋で寝込んでいると、居間から物音が聞こえてきた。

 

母は買い物に出掛けたし、もしかして親父が帰ってきたのか?と重たい身体を動かして居間に向かった。

 

すると、頭が異様に大きな知らないお爺さんがソファーでくつろいでいる。

 

びっくりしたけれど、親戚の人かと思って「どちら様ですか?」と色々訊いたが、「ああ」とか「うん」とかしか言わない。

 

とりあえず母が帰って来るまで時間を稼ごうと、麦茶とポテチをご馳走した。

 

でも具合悪くて今にも倒れそうだったので、お爺さんに「上で寝てるけど、もしなんかあったら言ってください」と言い残して再び寝始めた。

 

10分もしないうちに玄関から鍵を開ける音とドアが開く音がして、母の「ただいま」という声がした。

 

母はすぐ部屋に向かってきて「調子はどう?熱下がった?」と訊いてくるので、「お客さんリビングに居たよ」と言った。

 

すると、「どこにも居なかったよ。ポテチとコップ置いてあったけど、食欲出てきた?」と言う。

 

「はぁ?」と思って身体を起こしてみると、さっきのだるさが嘘のように身体は軽くなり、さらに40度近い高熱も下がっていた。

 

居間には空っぽになったコップとポテチの袋があった。

 

それからというもの、信じられないくらい身体は丈夫になり、学校を休むことも少なくなって友達もたくさん出来た。

 

嫁と母にこの話をすると未だ信じてくれないが、あのお爺さんの声と気難しそうな顔、それに異常に大きな頭は今でも覚えている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ