生命の危機が訪れると

時間

 

俺には時間が巻き戻る感覚が度々起こる。

 

一度目は、保育園から脱走した途端にトラックに跳ねられたはずなのに、その少し前に戻っていた事。

 

二度目は今年初めの事だ。

 

会社で作業中、有機溶剤を使っていて横にはコンクリートを切断している火花。

 

いつものことなので、さっさと終わらせようと手を動かしていたら突然引火。

 

手元から顔へ炎が噴き上がり、顔を大ヤケド。

 

眉毛がじゃりじゃりになって顔全体が火ぶくれに。

 

同僚に連れられて病院へ。

 

医者に手当をてしてもらいながら、段々と息が出来なくなり気が遠くなる。

 

「酸素マスク!」と医者が叫び、「ああ、ドジったな。ここまでか」なんてぼーっと考えていた。

 

すると、はっと気付くと何事も起きていなくて、その作業を始める前に戻っていた。

 

一日分やった作業が消えている。

 

「ヤケドした夢?」と思ったが、記憶通りに作業工程が進み、別工程をしていた同僚が近くでコンクリートカッタ―を使い始めた。

 

「やべっ!」と思って俺は作業を中断。

 

現場監督に、「すいません。腹が急に痛くなって・・・」とばっくれた。

 

もしかしたら一度目の自分と二度目の自分は、別次元であのまま死んだんじゃないかと思っている。

 

三度目の正直が怖いので、注意深く生きてくつもりだ。

 

ちなみに、巻き戻しの起きた前も後も、自分の記憶がおかしいだけで世間には何の影響も無い。

 

でも、何かにもて遊ばれているような気もしている。

 

「きっと、この次はない」という予感をひしひしと感じている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③【5月】

アクセスランキング

このページの先頭へ