タイムスリップして別の世界に来てしまったのか

懐中時計

 

最近、近しい人(嫁、家族、友人)と話が食い違う事があります。

 

些細な事なのですが、妙に食い違うというのか、あったはずの事がなかった事になったり、逆も然り・・・。

 

先日、母親と電話している時も、昔に父親が大阪に住んでいたと聞かされていたので電話でその事を聞いたら、両親共に知らないという。

 

さらに嫁と話していて、「あそこによく行ったよね?」と聞くと、「誰と間違えてるの」、と。

 

勘違いで済めば良いのですが、最近あまりにも多くて不安です。

 

しかし、関係しているのかは分かりませんが、心当たりがあります。

 

その心当たりというのが、“タイムスリップ”をしたのかも知れません。

 

経緯は、嫁が実家に帰っていた時、私は休日だったので朝9時に起きました。

 

出掛ける用事があったので、支度をして10時に家を出ようとしました。

 

用意が出来て、さあ家から出ようと玄関を開けると、夕方の5時でした。

 

一瞬訳が分からず、えっ?えっ?とあたふたしていたら、遊びに行くはずだった友人から電話がかかって来ました。

 

友人いわく、「何度も電話したけど全く繋がらない。家にまで来たけど部屋の中は真っ暗で人気が無かった。こっちに来るまでに事故ったのかと思った」と言われました。

 

話の後に携帯を見ると、数十件の不在着信が来ていました。

 

もちろん支度中に電話が鳴った記憶も無く、確かに朝9時に起きて10時に家を出ました。

 

支度中にテレビをつけていて、朝の番組が流れていたのも横目で見ていました。

 

その後しばらくして、食い違いが頻発するようになったと思います。

 

そこで、一つの仮説を立ててみました。

 

あのタイムスリップした日に別の世界に来てしまったのか、と。

 

真偽は分かりませんが、今日も嫁と話が食い違いました。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ