あのタクシーは一体何を降ろしたんだ?

タクシー

 

一昨年くらいにあった出来事。

 

当時の俺は、女の子をデリバリーする仕事をしていた。

 

女の子を車でお客のところまで届け、他の子が近くに居ない時や店が暇な時は、その子が出てくるまで車で待機する。

 

マンションの前でエンジンを切って、街路灯の明かりで漫画を読んだりしていた。

 

そんなある日のこと。

 

深夜2時くらいに郊外のマンションに女の子を届けに行った。

 

その地域は若干寂れていて、時間も時間だし人通りは全く無い。

 

いつものように女の子を届けた旨を事務所に電話すると、待機指示が出たので車の中で漫画を読んで暇を潰す。

 

煙草を吸うので窓をちょっとだけ開けていたのだが、その隙間から車が近づいてくる音がした。

 

漫画から目を離してバックミラーをちらっと見たら、ちょうど俺の車の後ろにタクシーが止まっているところだった。

 

タクシーの助手席前にある機械が、【割増】から【支払】に変わる。

 

「ああ、こんな時間だし、客は飲み屋で働いてる姉ちゃんかもしれない」

 

そんな無駄な期待を胸に、タクシーの後ろのドアが開く様子をワクワクしながらバックミラーを見ていた。

 

しかし、タクシーからは誰も出てくる事はなく、数秒のちにドアがバタンと閉まってしまった。

 

「???」

 

軽く混乱していると、タクシーは【空車】に変わり、ウインカーを出して発車した。

 

思わず「えっ?」と声を出し、自分の車の右を追い越していくタクシーの後部座席を凝視すると、誰も乗っていない。

 

耳を澄ましても、微かな風の音しかしない。

 

周りをキョロキョロと見渡してみても、誰もいない。

 

「あのタクシーは一体何を降ろしたんだ?」

 

そう思った瞬間、一気に鳥肌が立った。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ