しょっちゅう幽霊を乗せるタクシー

 

昨日の夜遅く、

会社へ呼ばれた。

 

すでにバスも電車もないので

家までタクシーを呼んだんだけど、

 

その時の運転手との会話。

 

「昨日、近所のレストランで、

 

刃物を持った男が暴れて逃げたらしくて、

僕らも注意するように言われたんですわ。

 

もし乗せちゃっても気づかない振りして、

降ろしてから通報ってね」

 

「こわいっすね~。

大阪でも物騒な事件がありましたしね~」

 

「こわいね~。

 

でもまあ、

幽霊さん乗せるよりはマシですよ。

 

あいつら無銭乗車するし事故を誘うし、

ほんと大変ですよ」

 

「大変です・・・って、

乗せたことあるんですか!?」

 

「しょっちゅうですよ。

 

今日もちょうどお客さんと入れ替わりで

降りていきましたよ。

 

気づきませんでした?」

 

(終)

解説

俺が乗ったタクシーは、

家まで呼んでいる。

 

幽霊は客(俺)と入れ違いで

降りていったということは・・・

 

俺の家の前にいる。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ