家屋解体の現場で見つけた怪しい床下

家屋解体

 

神戸の辺りの土建屋で、家屋解体を主な業務にしていた時のことだ。

 

仕事に絡んだ不思議な事や気味の悪い出来事は、年に一回くらいはあった。

 

今で言う孤独死で、遺体が長期間放置されていた家屋を全面解体や部分解体する場合は色々と大変なのだが、意外にもおかしな事はほとんど起きていない。

 

やはりヤバイのは、古墳と思われる墳丘を潰して地ならしする場合だ。

 

※墳丘(ふんきゅう)

人を葬るためなどに土を積み上げてつくった丘。

 

重機担当の奴らは相当嫌がっていたが、これは先輩方から代々話を聞かされているせいもある。

 

その辺りの事情は会社でも分かっていて、拝み屋を手配したりと対策は立てていたが予測のつかないケースもあった。

スポンサーリンク

同僚の身に何が起きたのか?

ある時に山の方にある、一階が貸し店舗で二階が二部屋程度の一軒家の解体の仕事を回されて、夕方に話を聞きに行った時のこと。

 

俺と後藤という若い奴の二人で依頼主と話をしてから、鍵を借りて二手に分かれて内部をざっと見て回っていた。

 

だが、店舗はまだ改装していくらも経っていないような様子で、すぐに解体する理由が分からない。

 

依頼主が金に困っているのかも知れないが、俺はなんとなく気に入らなかった。

 

その時、「おーい、ちょっと来てください」と言う、後藤の声がした。

 

行ってみると、台所の床にある1メートル四方ほどの板の片側を持ち上げている。

 

「これ、冷蔵庫か何かの下だったんだろ。よく分かったな。野菜なんかの貯蔵庫か?」

 

「いや、自分もそう思ったんですが、その隅の所を見てくださいよ」

 

その穴の表面はコンクリート造りの1メートル四方くらいだが、深さも1メートル以上あり、貯蔵庫にしては下まで手が届かない。

 

さらに、その一隅が10センチくらい三角に崩れていて、ぽっかりと暗い穴になっている。

 

「何なんだ?まさか地下があるとかじゃないだろうな」

 

「どうでしょう。土台ぎりぎりくらいの深さじゃないかな。防空壕とか?ちょっと降りてみますね」

 

気をつけろよ、と言う間もなく、後藤が両足を穴の底に付けた瞬間、床に置いていた手が泳ぐように宙をかいて姿が消えた。

 

どうやら底が完全に抜けて下に落ちたようだ。

 

ドザッと音がしたので、コンクリの破片も被ったに違いない。

 

暗くて見えない穴の底に向かって「おーい、大丈夫か?」と叫ぶと、やや暫くしてから「・・・大丈夫です、ちょっとケツを打ちましたが・・・。ここ、そんなに深くないです。あれ・・・?大丈夫じゃないか。頭から血が出てるかも。ヌルッとする」と声が聞こえる。

 

「ちょっと待ってろ。応援を呼んで来くるから」

 

「カッコ悪いからいいですよ。車にロープあったでしょう、あれで引っ張ってくれれば上れますよ。すんません、車からロープとそれから懐中電灯持って来てください。どうせなら少し調べてみます」

 

「いいのか?血が出てるんだろ?」

 

「いや、流れてこないので大したことないです。ここ、高さは1メートル半ないですね。真っ直ぐ立てない」

 

「ちょっと待ってろ」

 

車からロープと懐中電灯を持って来ると、穴の底に後藤の頭が出ていた。

 

埃を被った額に一筋の血が溜まっているが、大きな怪我ではなさそうだ。

 

穴の底からは魚を腐らせたような生ゴミのような異様な臭いが立ち上ってくる。

 

「やっぱ防空壕みたいですよ。床は土だけど天井だけ木が張ってある。ちょっと調べてみます。懐中電灯を貸してください」

 

「おい、やめとけ!ガスがあるかも知れんし危険だぞ」

 

「周りを照らしてぐるっと見回すだけですよ」

 

そういうことならと、俺も床に腹ばいになって後藤の手のひらの上に懐中電灯をそっと落としてやった。

 

「暗いし嫌な臭いがする。これやっぱり昔の防空壕ですよ。壁も土のようです」

 

「ふーん。これ埋める分の見積もりも必要なようだな。もういいだろ、ロープ垂らすぞ」

 

その時、後藤の声が緊迫したものに変わった。

 

「・・・ん?何かいます!なんだ?大きいぞ!こっちへ近づいて来る・・・赤い・・・何だ?!ロープ、ロープ、ロープ早く!」

 

俺は牽引ロープの端を穴の底に投げ込んだ。

 

「おい、ロープだぞ。早く掴め!」

 

穴の底から後藤の叫びが奇妙に歪んで聞こえてくる。

 

「ロープどこだ?見えない。来るよ!こっちへ来るよ!ああ・・・来る!何だあれは?!・・・・・う・・・・・だ」

 

後藤の片方の手のひらが、穴の底でひらひらして消えた。

 

最後の声は絶叫に近かった。

 

ブワッと穴から上がってくる腐敗臭が強くなった。

 

「おーい、どうした?しっかりしろー!」

 

穴の底に身を乗り出して叫んでも返事はない。

 

俺はすぐに携帯で会社に連絡した。

 

ここからは後日談になる。

 

残念なことに後藤は亡くなった。

 

土壁に追い詰められたように、半座りでもたれ掛かっていたそうだ。

 

致命的な外傷はなく、ガス中毒でもない。

 

死因は心不全ということになった。

 

穴の中は八畳間ほどの広さで、後藤の言ったとおり高さは低い。

 

しかし、防空壕ではないようだった。

 

いつの時代のものか分からない穴。

 

その奥には、元は赤い着物ですっかり朽ち果ててしまったドロドロの布切れ、古い食器類、大量の木の札、燃え残ったロウがあった。

 

そして、それらに包まれるようにしてバラバラの人骨も。

 

これは後に警察の分析で分かった事だが、人骨は二体分あった。

 

おそらくは、若い女性と1歳未満の乳児。

 

さらに、女性の人骨に頭蓋骨は含まれていなかったそうだ。

 

その代わりにあったのが、“牛の頭骨”

 

警察は、その古い人骨に関してはとうに時効を過ぎているものであり、事件とはならないと判断したそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ