神社で見てしまったもの

俺は定時制に通っていた。

交通手段は自転車。

 

ある日、学校帰りに自転車がパンクして

押して帰っていた。

 

時間も夜だったので開いてる店もないし、

途中で疲れて、

近くにあった神社に隣接した公園で

一息入れた。

 

ベンチに座って休憩してると、

神社の入り口の鳥居の傍に

猫がいた。

 

モフモフしたいと思って、

こっそり近づいてみた。

 

でも気付かれて、

猫は石段の影に隠れた。

 

尻尾だけ見えてる。

 

今度は逃げられないように、

俺も尻尾を目印に

石段や木に隠れながら近づいた。

 

段々近づいていくと、

猫の体も見えてきた。

 

俺が追ってたのは猫じゃなかった・・・。

首から上だけの小さな女の子だった。

 

俺が尻尾と思っていたのは、

女の子の髪の毛。

 

驚いて「うわっ」と声を出してしまったとき、

女の子は俺に気づいて近づいてきた。

 

慌てて自転車の置いてある場所に逃げた。

 

途中振り返ってみると、

顔しかない女の子は追って来てる。

 

自転車を取る余裕はなく、

そのまま走って公園から逃げた。

 

その後、その神社にも公園にも行ってない。

自転車も置いたままだ。

 

あの女の子はいったい何だったのか・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ