私が見ていた背中は誰だったんだろう

山道

 

私は中学生の時に、クラスで登山キャンプに行った。

 

参加者は男女合わせて30人程。

 

貸し切りバスで現地に向かったのだが、事故の影響で到着がかなり遅れた。

 

だが、現地に到着した時はまだ空は明るかった。

 

なので担任の先生を先頭に、キャンプ地に向かってみんなで山を登り始めた。

スポンサーリンク

この時の出来事を今でも不思議に思う

キャンプ地までは一直線の山道で、所々に標識もあるので余程のバカでも迷うことはあり得ない。

 

私は一番後ろを歩いていたのだが、なんだか急に足が重くなって少し遅れた。

 

しかし前方にはクラスメートの背中が見えていたので、そのまま山道を登っていた。

 

だんだんと夕闇が迫り、辺りが暗くなり始めた。

 

前を歩くクラスメートの後ろ姿もどんどん見え難くなり、私は歩くペースを速めた。

 

だが、まったく追い付けない。

 

そのうち周囲が見えない程に暗くなった。

 

焦った私は大声で前を歩くクラスメートに声をかけたが、反応せずにどんどん歩いて行く。

 

その差はおよそ20メートル。

 

そして遂に周囲は真っ暗になってしまい、私は身動きが取れなくなってしまった。

 

夏だったとはいえ結構寒くなり、カッパを着用してその場で待機した。

 

数時間後、懐中電灯の明かりが見えた。

 

担任の先生と登山経験のあるクラスメートの合わせて3人が、私を捜しに来てくれた。

 

しかし私が待機していた場所は、キャンプ地から歩いて1時間以上もかかる場所だった。

 

私はとうにキャンプ地を過ぎて歩いていたのだ。

 

私の前を歩いていたはずのクラスメートは、聞けば先頭から2番目を歩いていたという。

 

それなら、私がずっと見ていたあの背中は誰だったんだろう?

 

その後は特に変わったことは無かったが、この時の出来事を今でも不思議に思う。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ