御嶽山で見た人魂の群れと不思議な夜

御嶽山

 

これは、木曽の御嶽山に行った時の事。

 

高校2年の1学期、来週から期末テストが始まる頃、同じクラスで山岳部の新谷から「テスト休みに御嶽へ行かないか?」と誘われた。

 

普段、口を利いた事もない相手だし、金欠なので「無理」と断ったが、何のかんのと説得され、御嶽には一度登って見たいと思っていたから結局はOKした。

 

当日、新谷は乗物に乗っている間中、俺に山のウンチクと御嶽の良さを語っていた。

スポンサーリンク

不審と不信は人里へ戻ってから言え

だがコイツ、どういう気持ちで電車を選んだのか、田の原に着いた時には既に昼過ぎだった。

 

それでも、3時間余りで山頂に到着した。

 

以前に乗鞍岳に登った時、御嶽を見てずいぶんどっしりした良い山だと思ったが、その期待通りに登れた。

 

そこから約1時間歩いた二ノ池の小屋が今夜の宿泊地、のはずだった。

 

しかし、新谷の伝え間違いで予約は明日になっており、おまけに当日はなぜだか満員の様子。

 

小屋の人は気の毒がったが、どうしようもない。

 

新谷は「アテがある」と言い、先頭を切って歩き始めたので俺も後に続く。

 

間もなく日は暮れ、おまけに霧まで出始めた。

 

これはマズイ。

 

バイクでもそうだが、体が濡れて冷えると、極端に体力を消耗する。

 

しまいに体が動かなくなり、最悪の場合は死に至る。

 

それに、マズイ事はもう一つあった。

 

新谷のヤツ、どうもさっきから同じ所をただ歩き回っているような気がする。

 

俺はヤツに声をかけた。

 

「今日はこの辺でテント張ろうや。おまえの知ってるトコ、もうすぐかもしれないけど、俺ド素人だからさ」

 

新谷は、一も二もなく承諾した。

 

もしかしたら俺が言い出すのを待っていたのか?

 

しかも、コイツはテントを持って来ていなかった。

 

なぜなら、小屋泊りの予定だったからだろうが・・・。

 

俺が何も言わないせいか、新谷が一生懸命しゃべってくる。

 

もう少しで行きたかった避難小屋に辿り着けたはずだとか、このシーズンに霧に出くわすのは珍しいとか。

 

適当に相槌を打ちながら、俺は別の事を考えていた。

 

俺は狭いのが嫌いだ。

 

まして、一人用のテントに野郎同士で寝るなんざ、大嫌いだ。

 

他にもまだ言いたい事はある。

 

だが、明日にしよう。

 

昔、祖父ちゃんからこう言われたからだ。

 

「いいか、海も山も異界だ。人間の世界じゃねぇ。そこでは決して怪しい事と不満を口にしてはならん。一言は百言に、二言は千言になって返ってくる。不審と不信は人里へ戻ってから言え。わかったな」

 

ふと、なんだか表が明るいような気がしたので、顔を表へ出してみた。

 

さっきまでの霧が嘘のように晴れている。

 

雲一つない夜空に、満月がまるで真冬のように強く煌々と輝き、満天に散りばめられた星々が瞬いている。

 

いいなあ。

 

タバコが吸いたくなって表へ出た。

 

ウエストバッグをゴソゴソやっていると、微かに『法螺貝のような音』が聞えた。

 

それは下の方から徐々に強く上がってくる。

 

しまった、ここは行者道だったのか?

 

焦る俺の目に、白っぽいヒラヒラしたものの大群が映った。

 

蝶か?

 

いや、飛び方はよく似ているが蝶ではない。

 

「なんだあれ?」

 

後から出てきた新谷が、うきゃあと叫んで腰を抜かした。

 

それは『無数の人魂』だった。

 

綺麗に表現すれば横向きの涙型、ぶっちゃけて言えば尻尾の短いオタマジャクシ。

 

それらが尻尾を上下あるいは左右にくねらせながら、人の腰ぐらいの高さを、あるものはオオムラサキのように素早く、あるものはモンシロチョウぐらいの速さで飛んでいた。

 

微かな法螺貝のような音は、この群れが発する音だったのだ。

 

それまでにも色んな人魂を見た事はあるが、こんな人魂の群れを見たのは初めてだ。

 

ただ、怖さや恐ろしさは全然感じなかった。

 

大部分は俺を除けていったが、俺の体に当り、ほわんと跳ね返るものも幾つかあった。

 

その感触は、目一杯に膨らませた風船を何日か放置した時の感じに近い。

 

人魂であるからには、きっとどこかの誰かのご先祖さんだろう。

 

そう思ったからこそ、その都度「ご免なさい、済みません」と謝りつつ、彼らの行過ぎるのを待った。

 

やがて、最後の一つが通り過ぎ、後には静かな夜が戻ってきた。

 

俺はタバコを一本吸い、眠りについた。

 

不思議な夜だった。

 

翌朝、俺が先になって歩き出した。

 

俺たちが昨夜テントを張ったのは、二ノ池からすぐの賽の河原らしかった。

 

新谷は昨夜からずいぶんと口数が減っている。

 

黒沢口へ下り、そこで新谷に言った。

 

「いい山だったよな」

 

ヤツは頷いた。

 

「けどな、俺はもう二度とおまえと山はやらん。次は誰か他をあたれ」

 

それ以上何も言う気にはなれず、泣き笑いのような奇妙な顔になった新谷を残し、俺は一人町へ帰った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ