エレベーターの点検中に起きた不可解な状況

エレベーター

 

これは、仕事中に体験した不思議な話。

 

俺の仕事はエレベーターの保守点検で、その日もマンションのエレベーターを点検していた。

 

一通り点検を済ませ、1階から7階、7階から3階、3階から10階という感じに、適当な階から階へ移動して動きを確かめた。

 

そして最後に、最上階から順に扉の前に設置した点検中のバリケードを外しながら1階へ降りる。

 

だが4階辺りで、バリケードを外すと女性が乗り込んできた。

 

俺は女性に「点検が終わったばかりで各階に止まりますのでご了承ください」と告げると、女性は軽く頷いた。

スポンサーリンク

異世界に迷い込んだのか?

エレベーターは1階に着き、バリケードを車に積もうとマンションの出口に向かったが、なぜか出口が見当たらない

 

エレベーターを出た右側にすぐエントランスがあったはずだが、今はただの壁があるだけだ。

 

あれ?と思いながら暫く1階をウロウロするが、やはり出口がない。

 

そういえば、あの女性はどうやって外に出たんだ?と思う。

 

いや、そもそもエレベーターから降りた気配がなかったような・・・と思ったが、とりあえず自分の置かれた状況が分からず、女性のことは深く考えなかった。

 

その後、仕方がないので最上階へ向かった。

 

気になることがあったからだ。

 

それは、上から下を見た場合、エントランス付近はどうなっているのか?

 

13階に着き、廊下から下を見ると、人が歩いて車も通っている光景があったが、歩く人はみんな着物姿で、車は右側通行している。

 

また、見える看板には平仮名しか文字がない。

 

なんだこれは?と思い、また1階へ降りる。

 

1階に着くと、さっきまで壁だったところにエントランスがあった。

 

相変わらず全く状況が分からなかったが、急いで帰り仕度をして会社に戻った。

 

そして会社に着いて気付いたが、点検が終わってから1時間くらいあのマンションに閉じ込められていたはずなのに、時間的には点検が終わってすぐ会社に戻ったくらいの時間だった。

 

よく分からない体験だったが、それ以降はそんな不思議な体験はしていない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ