夜の高速道路をゆっくり走る銀色のマーチ

高速道路

 

これは、夜中に高速道路を車で走っていた時の話。

 

走行車線を走っていると、100メートルほど前にいる車がいきなり追い越し車線に車線変更するのが見えた。

 

しかし、俺の前方にはその車しかなく、もちろん俺が追い越そうとしているわけでもないので意味不明な車線変更だった。

 

直後、すぐにその車は走行車線にスーっと戻ったが、かなり低速だったこともあり、俺は追越車線から抜いていった。

 

追い抜く際に車を確認すると、車種は銀色のマーチで、ナンバーが『7787』と覚えやすく印象に残った。

 

ルームランプを点けたまま走行しており、運転手はやたら姿勢の良いスーツ姿の白髪の老人で、助手席にはピクリとも動かない老婆が座っていた。

 

マーチを追い抜いてしばらく走っていると、前方にまた同じくらい低速で走る銀色のマーチがいた。

 

少しゾクリ・・・としたが、ナンバーを見ると『7788』。

 

さっきのマーチと1つ違いだったのでツレかな?と思い、車内を確認すると、やはりルームランプが点いていたが、運転手は30代くらいで、チェック柄のシャツを着た男性が一人だけだった。

 

その車も追い越してまたしばらく走っていると、またまた低速で走る銀色のマーチが前方に見えてきた。

 

ルームランプが点いている。

 

ナンバーは『7787』。

 

運転手は姿勢の良いスーツ姿の白髪の老人で、助手席にはピクリとも動かない老婆が座っていた。

 

もちろん俺は途中休憩などせずに走り続けていたし、眠くもなかった。

 

現世の高速道路は一本道だが、あちらの世界ではループしているとでもいうのだろうか。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ