出前や集荷での奇妙な体験談

インターホン

 

これは、自宅への来訪で奇妙な体験をした時の話。

 

嵐の日に家に食べる物がなくて、申し訳ないと思いつつ出前をとった。

 

そして出前が到着してお金を払おうとした時、おかしな事に気づいた。

 

持って来た人が全く雨に濡れていないのだ。

 

それに、濡れた足跡もない。

スポンサーリンク

何が起きていたのか?

もし雨が一時的に止んでいたとしても、駐車スペースから屋根がある部分までの地面は雨水でビチャビチャだし、そもそも止んでいた時間はなかったはずだ。

 

そんな奇妙な状況を不思議に思ったが、何も聞かず代金を払い、その人は帰っていった。

 

数分後、頼んだ物を食べようとすると、また呼出チャイムが鳴った。

 

出てみると、今度は雨に濡れた人が出前を持って来ていた。

 

店側のミスで二重に持って来たのかな?と、すでに商品を受け取ったと伝えた。

 

すると、首を傾げて店に確認の電話をする店員さん。

 

確認のため、数分前に受け取った商品を見せると間違いなくその店の商品で、器もその店の物。

 

結局、何が起きていたのかよく分からないままになった。

 

そして今朝の話。

 

Amazonに不良品を返品するために、郵便局の集荷を今日の午前中で連絡していた。

 

そして朝9時頃、郵便局の集荷担当者が来て、荷物を渡して控えの伝票を受け取った。

 

1時間後、再び郵便局の担当者が来訪。

 

さっきの人とは別の人だった。

 

用件は、「荷物の集荷に来ました」との事。

 

1時間ほど前に荷物を渡したと伝えると首を傾げるので、伝票の控えを見せた。

 

その伝票しばらく眺めていた担当者は、担当者印の箇所を見た瞬間に形相が一変し、「本当にこの人が受け取りに来たんですか?」と何度も確認してきた。

 

背格好や顔の感じなどを伝えると、えらい勢いで帰っていった。

 

一体、何だったのだろうか?

 

郵便局にもからかわれたのか?

 

・・・というよりも、預けた荷物がちゃんとAmazonに届くのか?が気になった。

 

ちなみに、しばらく経ってから郵便追跡を確認してみたところ、中継局へちゃんと配達されていた。

 

もしかして、すでに退職している人なのか、もしくはこの世にはいない人なのか。

 

そんな事実だと気味が悪いので確認はしていない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ