中国地方のとある民宿で体験した恐怖

障子

 

これは8年前、2人の友人と泊まった中国地方の民宿であった話。

 

仮に2人の友人の名前を、「マサル」と「アキラ」とする。

 

その民宿は2階建ての木造で、海沿いにあったと思う。

 

ちなみにその時は、1週間程ばあちゃんの家に泊まる予定だった。

スポンサーリンク

細長くてグニャグニャした黒い影

3日目のこと。

 

浜へ海水浴に行ったのだが、夕方になって酷い雨が降ってきた。

 

俺たちが遊んでいた場所からばあちゃんの家はかなり遠くて、原付バイクで帰るには厳しかった。

 

そんな事情から、近所にあった民宿に泊まることにした。

 

民宿に着くと、結構な歳の婆さんと中年のおっさんが出迎えてくれた。

 

1泊したい旨を伝えると、快く部屋を準備してくれた。

 

とりあえず俺たちは飯を食ってから風呂に入り、疲れていたのでさっさと寝てしまった。

 

そして深夜の2時くらいだったかと思う。

 

ふいに目を覚ますと、友人のマサルがいなかった。

 

手洗いにでも行ったのか?と思ってしばらくぼーっとしていたが、20分しても帰って来ない。

 

不審に思った俺はアキラを起こして、一緒にマサルを探しに行くことにした。

 

十中八九、廊下で寝惚けて行き倒れていると思っていた。

 

すると、2階から光が薄く漏れていることに気づいた。

 

階段をゆっくり上がって行くと、婆さんとおっさんの声が聞こえる。

 

それに、なぜかマサルの声も・・・。

 

婆さんとおっさんは何を言っているのかよく分からなかった。

 

ただ、マサルの声は震えていた。

 

「わかりません」、「知りません」、「違います」、「助けて」と、震えた声で何かに答え続けているマサル。

 

俺とアキラは顔を見合わせた。

 

次の瞬間、力強く部屋の障子を開けた。

 

すると、婆さんとおっさんが虚ろな顔でこちらを見ていた。

 

それに、婆さんは手に包丁を持っていた。

 

マサルは泣きながら俺たちの元に走って来た。

 

婆さんとおっさんの2人には生気が無い感じがした。

 

ただただ怖かった。

 

2人は確かに俺たちの方を見ているのだが、俺たちの“後ろ”を見ているようにも見えた。

 

その時、婆さんが何か言った。

 

その瞬間、後ろから引っ張られる感じがして、俺とアキラは階段から転げ落ちていた。

 

いつの間にかマサルも転げ落ちていた。

 

階段の上を見上げると、婆さんとおっさん、そして何か凄く細長くて『グニャグニャした黒い影』がいた。

 

その黒い影は、ナメクジを極限まで黒くしたような感じだった。

 

とっさに「ヤバい!」と思った。

 

雨は止んでいたので、民宿に携帯も荷物も全部置きっ放しのまま、原付に飛び乗ってばあちゃんの家まで帰った。

 

マサルは恐怖で足がガクガクしていて、何度か転けそうになっていた。

 

しばらく走るとコンビニがあったので、原付を停めて駆け込み、時間を潰した。

 

結局、ばあちゃんの家に帰り着いたのは夜が明けてからだった。

 

マサルに、婆さんとおっさんに何を言われていたのか聞いてみたが、「頷いちゃいけないってことしか覚えていない。後、めちゃくちゃおっさんの口と押入れの中が臭かった。鶏を捌いた時みたいな臭いだった」としか分からなかった。

 

その民宿だが、おそらく今もある。

 

ただ、婆さんは生きているのかどうかは分からないが・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ