挨拶と会話をした人が実は幽霊だった!?

住宅街

 

これは今年の5月3日、新築した家に一家で引っ越した時に体験した不可解な話。

 

引っ越し直後は何かとバタバタするだろうと思い、4月30日に主人と2人で近所の挨拶まわりを済ませた。

 

右隣のお宅は80代後半の老夫婦の2人暮らしで、同じ敷地内に住む長男一家が身の回りの世話をしているそう。

 

着工前に挨拶へ伺った時に、御主人は痴呆症だと長男の奥さんから聞いていたので、この時も老夫婦の奥さんに菓子折りを渡し、勝手口で少し立ち話をした。

 

引っ越しからしばらくして、奥さんは着工前に会った時より縮んだように痩せて小さくなっていて、「身体を壊してしばらく入院したの」としょんぼりしながらも、「あなた(私)のことはよく覚えているわ、美人さんだもの」とお世辞を言ってくれた。

 

一方、御主人はダイニングの椅子に腰掛けてこちらに背を向け、私たちには全く無関心でテレビを見ていた。

 

ところが昨日、お向かいの家に住む人からこんなことを聞いた。

 

右隣の奥さんは3月に亡くなっている、と。

 

「そんなはずは・・・。4月末に主人と2人でお会いしていますよ?」と言ったところ、お向かいさんはわざわざ町内報を持って来てくれて、そこには確かに3月某日に訃報が出ていた。

 

奥さんの顔と声は覚えていたし、向こうもこちらを覚えていたのだから、違う人だったとは思えない。

 

主人も、「なんだか気味が悪いな」と嫌な顔をしている。

 

でも私は何となく、私たちが挨拶した奥さんが幽霊だったとしても不思議ではないような気もしている。

 

御主人は痴呆症だから、奥さんが亡くなったことを理解できず(というか幽冥の境がもうあやふやになっていて)、奥さんがテーブルに置いた引っ越し挨拶のお菓子に、普通に手を伸ばして食べている様子が目に浮かぶような気がしてしまう。

 

※幽冥(ゆうめい)

死後の世界。冥土。あの世。黄泉(よみ) 。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ