こんなにハッキリした幽霊がいるのだろうか

山

 

未だにその人が『幽霊』である確信は持てないが・・・。

 

これは、関東の避暑地に小さな別荘を建てた時の話。

 

山の中で周囲に人家はないが、1軒だけ遠くに緑色の屋根が見えた。

 

一応挨拶しておくかと、着工前の4月に俺たち夫婦と棟梁の3人で挨拶に行った。

スポンサーリンク

すでに亡くなっていた

住んでいたのは80代の老夫婦。

 

話によれば、東京からのIターン組の奥さんは酷く痩せていて今は体調を崩しているそうだが、毎週子供たちが交替で東京から来てくれるので、通院や生活面は問題ないんだと御主人は言っていた。

 

そして別荘は7月に完成し、今度は俺と棟梁の2人でその家へ挨拶に行った。

 

呼び鈴がピンポンと鳴ると同時に(まるで待ち構えていたように)ドアがパッと開いたが、立っていたのは奥さんだけで、狭いLDKに御主人の姿はない。

 

奥さんは、「まあ別荘ですか・・・お幸せですねえ・・・」と、4月に挨拶した時と全く同じ言葉を3回ほど繰り返しただけだったので、少しボケているのかな?と、棟梁と話しながら帰った。

 

ところが、俺と棟梁が挨拶した1週間ほど前に、その奥さんは亡くなっていたという。

 

御主人は葬儀のため帰京していたので、俺たちが挨拶した日に「その家は無人だった」と、後で地区長さんからそう聞いた。

 

地区長さんは付け加えて、「自分は留守中の見守りを頼まれていたから絶対に間違いない」と。

 

でも、天気の良い真昼間に、60センチほどの至近距離で会話を交わしたり、菓子も直に手渡ししたりと、あの奥さんが幽霊だったという実感がまるでない。

 

奥さんは年齢のわりに背か高く、彫りの深い特徴のある美人顔だったので、俺と棟梁の2人して別人を見間違えたということはないだろう。

 

奥さんは青白くて元気はなかったが、それは4月に会った時もそうであり、それに全然透けておらず、足だってちゃんとあったと思う。

 

なので、こんなにハッキリした幽霊がいるのだろうか?と、逆にモヤモヤしている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ