伐採するはずだった木がたった1日で

森林

 

これは、森林組合で聞いた話。

 

山で木を育てる過程で、木を間引くことを間伐(かんばつ)という。

 

間伐の対象となるのは、発育や形質が悪かったり、あるいは良い木の邪魔になるようなもので、大抵の場合は山主か山守が決める。

 

間伐の前に山を巡り、一本一本の形質や枝張りなどを見てから間引く木を見極め、マーキングしていく。

 

ある日のこと、山主が自分の山に入り、間引く木にマーキングの印となるビニール紐を巻き付けた。

 

翌日、作業員と共にマーキングした木を確認しに現場へ行くと、寄り添うように立っている2本の木が目についた。

 

共に発育も形状も良く、伐採するには惜しい木ではあったが、このように接近している場合はどちらかを切らなければならない。

 

ところが、その2本の木にはどちらにもマーキングがなかった。

 

さては紐を巻き忘れたのか・・・と思い近づいてみると、2本のうち太い方の木の根元にブチ切れたビニール紐が落ちている。

 

紐を拾い上げて木に巻き付けてみると、明らかに長さが足りない。

 

「こいつ、切られるのが嫌だからって一晩で太りやがったんだなぁ」

 

結局、その木は山主から『デビルマン』と名付けられ、今に至るまで大切にされているそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ