不思議な釣り人の言葉に命を助けられた

山道

 

これは、ある地方の村で起こった話。

 

その村は、山中に這うように細長く民家が点在する、いわゆる寒村だ。

 

人口は少ない。

 

当然、子供も少ない。

 

村に住む少数の小学生たちは、山道を4キロメートルも下った小学校まで毎日歩いて登校していた。

 

しかし小学校までの道のりは、彼らにとってさほど苦痛ではなかった。

スポンサーリンク

「帰りはゆっくり遊んできなさい」

年上の子が年下の子の面倒をよく見ながら、他愛のない会話に盛り上がり、コロコロ笑いながら日々の登下校を繰り返す。

 

自動車がすれ違うのも難しいほど細い道を、彼らは毎日歩いていた。

 

ある冬の初め、子供たちは一人の男に出会った。

 

男は釣り人のような格好をしていたが、釣竿は持っていなかった。

 

この地域は山が深く、道路のすぐ下は美しい渓谷で、道の反対側は山肌を削り取ったという状態。

 

それに、土砂崩れ防止のためのコンクリート補強をしていない場所もある。

 

子供たちが釣り人に出会ったのは、そんな所だった。

 

帽子を目深に被った釣り人は、どんな人相なのか判然としない。

 

ただ、口元のシワの具合から、かなり年配であることは分かった。

 

釣り人は、登校のために山道を降りてくる子供たちをジッと見つめていた。

 

別に何をするでもなく、子供たちが通り過ぎるのを道の際に立って眺めていた。

 

子供たちは見慣れない男を不審に思いながら、男から視線をそらせて前を通り過ぎた。

 

・・・その時だった。

 

子供たちに聞えるか聞えないかの低い声で釣り人が言った。

 

「帰りはゆっくり遊んできなさい」

 

子供たちはびっくりして振り向いたが、どこにも釣り人の姿がない。

 

道路の右側は高い崖で、左側は深い渓谷。

 

釣り人が隠れられる場所はない。

 

子供たちはゾッして山道を駆け下り、学校までなんとかたどり着いた。

 

幾人かの子供が先生にその話をしたが、誰も信じてはくれなかったという。

 

とにかく、帰りは気を付けなさい、そう窘(たしな)められた。

 

その日は午前中で授業が終わる予定だった。

 

村に帰る子供たちは全員が校庭で待ち合わせをし、揃ったところで一緒に下校する。

 

家までの帰路は遠い。

 

いつもなら全員が揃ったところですぐに下校するのだが、その日は勝手が違っていた。

 

子供たちが口々に言ったのだ。

 

「あのおじさん、帰りはゆっくり遊んできなさいって言ってたよね」

 

あの不思議な釣り人の言葉が頭から離れなかった。

 

そこで子供たちは、一時間だけ校庭で遊んで帰ることにした。

 

そうして子供たちはその日、全員が家に帰れなくなった。

 

なぜなら、村に続く唯一の山道が土砂崩れを起こしたからだ。

 

それはちょうど、あの釣り人と出会った場所だった。

 

もし校庭で遊んでいなければ、子供たちがその場所を通りかかる頃に土砂が崩れ、全員無事ではなかったかもしれない。

 

土砂崩れの知らせを聞いた親たちは、帰って来ない我が子を心配して、学校やら麓の親戚やらに電話をした。

 

そして子供たち全員が学校で遊んでいて無事であることが判明したのち安心する。

 

土砂は一日で取り除かれ、道路はすぐに復興したが、その一週間後、近くの渓谷で死後数ヶ月と思われる腐乱した遺体が発見された。

 

渓流釣りに来て、人知れず事故死した釣り人だった。

 

あとがき

実はこの話、僕の母が子供の頃に体験したもの。

 

数ヶ月も前に死んだ釣り人が命を救ってくれた、と母は言う。

 

誰にも見つけられず谷底で死に、静かに腐りゆく釣り人の魂は、登下校の度に聞える子供たちの楽しげな声に助けられたのかもしれない。

 

嘘か、誠か、思い過ごしか。

 

不思議な釣り人の言葉に命を助けられた、本当の話。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ