霊感の強い友人が心霊体験を語っていた時に

布団

 

これは、友人と怖い話をしていた時の話。

 

今から約10年前、大学生だった俺は、クラブの合宿で兵庫県の山奥のホテルに泊まっていた。

 

その日は合宿最終日の前日の夜で、練習日程は全て終わっていたこともあって、消灯後も同じ部屋の仲間らでまったりと語り合っていた。

 

夜中の0時近いということもあって、だんだんと仲間たちは一人また一人と眠り始めた。

 

そして起きているのが3人だけになった時、霊感の強い山里(仮名)「怖い話でもするか?」と言い出した。

 

実際、これまでも山里の話は凄い体験ばかりで、久々に山里の話が聞けると思い、3人で怖い話をすることになった。

 

だが、すぐに一人は寝てしまった。

 

外は雨が激しく降っている。

 

窓は閉めているが、カーテンは開いていた。

 

朝日を入るようにしておくと、自然に気持ちよく目が覚めるからだ。

 

山里の怖い話はネタが尽きることなく、俺が1つ話せば山里は3つ話す。

 

そして1時半くらいになった頃だろうか、ふと山里がこう言った。

 

「なぁ、さっきから話が霊の場面になるたんびに、いいタイミングで稲妻が光るんだけど、なんかタイミングよすぎて嫌だよな」

 

それを聞いて、俺は「はぁ?」と口に出した。

 

続けて、「いやいや、全然。そもそも雷なんて鳴ってないよ?」と。

 

当然、稲妻など一度も光っていない。

 

だが、山里は俺の言葉が信じられないようで、「いや、光るってのは部屋が光るってわけで、光だから物理的に部屋も明るくなるはずで、そうだよな?」と言う。

 

要するに、稲妻が光る度に部屋が真っ白く明るくなっている、ということが言いたいようだった。

 

しかし、いくら力説されても、光っていないものは光っていない。

 

俺はそう言うと、山里は寝ていたはずのもう一人の仲間に、「なあ、お前はさっきから聞いてどう思った?」と話を振った。

 

俺は、「そいつ寝てるよ?お前が最初の話を終わったぐらいに」と言うと、「顔をこっちに向けているのに?」と聞き返した。

 

確認して見てみたが、やはりそいつは布団を頭から被ってスースーと寝息をたてている。

 

もちろん顔は隠れている。

 

俺は一言、「とりあえずもう寝ろってことだろうな」と言い、怖い話はやめようと促した。

 

結局、そのまま切り上げ、山里もそれに反対はしなかった。

 

ただ、お互いに寝ようと布団を被る前、山里の動きが一瞬止まり、「手・・・」と言った。

 

「ん?どうしたん?」と聞くと、何でもないと言ったが。

 

次の日の午前中、山里に前夜の手のことを聞いてみると、「ああ、あれか・・・」と言った後に口をつぐんだ。

 

かなり疲れている様子で、詳しく話したくなさそうだった。

 

その様子を見た俺は、手のことを聞くのをやめた。

 

今でも時々この当時のことを思い出す。

 

『稲妻が光って部屋が明るくなる』、『寝ているはずの友人がこっちを見ている』、そして『手』、一体あれは何だったんだろうか?と。

 

余談になるが、その時に山里が話してくれた心霊体験は、ほんのりするものではなく、明らかに怖い体験ばかりだった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ