化かされていたのはどっちだったんだろうな

夜道

 

これは、深夜の峠道での奇妙な体験話。

 

彼の友人はクロカンの先駆けとなった車を所有していた。

 

バンパーはプラスティックメッキでなく、本物のステンレスの板金物。

 

裏には50Aもあろうかという立派なパイプで補強されていたという話だから、だいぶ昔の話だ。

 

毎週末は連日、悪友共が集まり、その車で当て所もなく走り回っていた。

 

その日も目的もなく走り回り、四人が帰ろうと言い出したのは夜半過ぎ、彼や車のオーナーの家から県境の峠二つ三つ越えた辺り。

 

帰り道、彼は運転席の後ろ座席でうつらうつらとしていた。

 

オーナーは助手席にふんぞり返り、運転席は友人の加藤(仮名)がハンドルを握り、深夜の峠道をゆるゆると走らせ、友人の市川(仮名)は彼の横で眠りこけていた。

 

一つ目の峠を過ぎ、彼がぽつぽつと窓をたたく雨粒の音に気づきだした頃、運転手の加藤とオーナーが 「あっ」 と小さな声を上げた。

 

フロントガラスを見た彼の目に入ったのは、茶色い服装の老婆がボンネットの下に吸い込まれるところだった。

 

峠を一つ越えて人里に入った頃には、雨もワイパーが要る程に降ってきた。

 

前の席の二人が休憩しよう、とコンビニに寄った。

 

何の屈託もない様子で缶コーヒーを飲んでいる二人に対し、彼は言った。

 

「ねぇ、自首した方がよくない?」

 

「そうだよ。今からでも行った方がいいよ」

 

市川も同意してきた。

 

どうやら彼も見ていたらしい。

 

「何のことだ?」

 

どうも話が合わない。

 

「さっきお婆さんを轢いただろう。二人が声を上げた時に」

 

「あっ、あの時か。狸の親子が通ったんだよ、なぁ?」

 

オーナーが声をかける。

 

「ああ、親狸に子狸が三匹、可愛かったよな」

 

加藤が答える。

 

話をしてみると、前の二人と後ろの二人は全く違ったものを見ていたらしい。

 

前の二人は道を横切る狸の親子、後ろの二人は自車に轢かれるお婆さん。

 

でも、後ろの座席からの前方の視野はX字で、同時に見える角度は意外と狭い。

 

その狭い角度で二人同時に同じものを見る、というのも偶然すぎる。

 

結局、後ろの二人が寝呆けて狸に化かされたのだ、ということでそのまま雨の中をそれぞれの家に帰宅した。

 

「でも、本当に化かされていたのはどっちだったんだろうな」

 

そう尋ねると、彼はこう言う。

 

「狸の近くにいたのは前の二人だった。車のバンパーも頑丈だったから、低速で人ひとり轢いたところで凹み一つ残らない。血痕があっても帰路の雨できれいに洗われてしまっただろうし」

 

そして、彼は力なく笑った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ