公園のトイレの落書き

これは知人が体験した話。

 

ある晩、彼は会社の同僚と

酒を飲んだ。

 

お開きになって、その帰り道、

どうも腹の調子がおかしい。

 

駅から自宅に向かう途中、

我慢出来ずに公園のトイレへ。

 

第一波の便通を終えて、待機中。

 

心持ち余裕が出来て、辺りを見る。

和式の、かなり汚れたトイレ。

 

卑猥な落書きが、あちこちに。

彼は一つの書き込みに目を留めた。

 

「この女」

 

その後はペンで消されて、

読み取り不能。

 

ただ、携帯の番号は残っていた。

 

いたずら電話とか掛かってくるのか、

などと思いながら、第二波をこなしていた。

 

腹痛も治まり、

腰を挙げようとした瞬間、

 

自分の携帯が鳴ったそうだ。

着信には見覚えがないが。

 

あれっ?この番号は・・・、

彼はビビった。

 

さっきまで、しゃがんで見ていた落書き。

その番号がディスプレイに。

 

慌てて彼はトイレを飛び出したそうだ。

当然、電話には出なかった。

 

後日、彼は親しい同僚に、

その番号へ電話してもらった。

 

誰も出なかったそうだ。

 

ただ、その同僚は翌日、

交通事故に巻き込まれた。

 

大怪我だったそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ