朝5時にかかってきた父からの電話

PHS携帯電話

 

朝の5時、夜遊び好きの父からの電話で目を覚ました。

 

父に何かあったのかと慌てて出たが、ポケットの中でボタンを押したパターンのようだ。

 

面白いのでそのまま聞いてみることにしたが、どうも電話の向こうに父はおらず、性別不明の二人の話し声がする。

 

声は少し反響していて、豪快に水を流すような音も聞こえた。

 

話し声は最初、少し遠くて何を言っているのか分からなかったが、徐々にはっきりと聞こえるようになった。

 

ポケットの中にしては明瞭すぎる程よく聞こえるが、何故だか話の内容が分からない。

 

というか、単語が全く拾えない。

 

話し声は日本語ではなく、全く聞いたことのない言語だった。

 

かれこれ10分以上はその奇妙な会話を聞いていたが、急に怖くなって電話を切った。

 

その後すぐにかけ直すと、普通に父が出た。

 

これまた普通の飲み屋っぽい場所で、周りで父の友人の笑い声もする。

 

ポケットの中でボタンを押したというには、あまりにも場所の雰囲気が違った。

 

一応、「電話した?」と聞いたが、「してない」と予想通りの返事。

 

しかし、お互いの発着履歴は携帯電話に残っていた。

 

まだPHSを使っていた10年以上も昔の話。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “朝5時にかかってきた父からの電話”

  1. 774x より:

    パルディオ611S、未だに机の中にある。
    簡単にモデムになる良い機種だった。

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ