父と祖父が喧嘩をしている時に

携帯電話

 

これは、祖母が亡くなってすぐの出来事。

 

父と祖父は犬猿の仲で、時々大喧嘩もしていた。

 

祖母が亡くなって悲しかった気持ちもあり、通夜のその日、祖父が暴走して凄い喧嘩になっていた。

 

その時に誰かの携帯電話が鳴った。

 

聞き慣れない三味線か琴の音か。

 

よく分からないが、和製の弦楽器の着信音だった。

スポンサーリンク

不思議な着信

その携帯電話は、父が亡くなった祖母に持たせていたもので、入院生活に伴って購入したものだった。

 

主な用途は、母との発着信。

 

母と祖母はとても仲が良かった。

 

聞きなれない曲だったが、どうやら祖母の携帯電話が鳴っている。

 

もうその時点で奇妙な感じはしていた。

 

家族間でしか使っていない電話が、着信すること自体が不思議だった。

 

恐る恐るディスプレイを見てみる・・・。

 

『着信 ○○○○(母の名前)

090ー××××ー××××(母の携帯番号)』

 

「おーい、なんか間違えてかけてるよー」と父が言う。

 

母は自分の携帯電話をカバンから取り出した。

 

発信していない。

 

首を傾げつつも電話に出てみた。

 

・・・無音である。

 

2分くらいしても無音なので通話を切った。

 

結局、バグっていたということになった。

 

後になって気が付いたが、着信履歴が残らなかった。

 

後日、また喧嘩をしている父と祖父。

 

私は溜め息をつきつつも、間に入って話をしていた時だ。

 

突然、あの時の弦楽器の曲が鳴る。

 

確認してみると、またも母の名前が出ている。

 

電話にも出てみた。

 

やはり無音だ。

 

切れるまで放っておこうという話になり、しばらく放っておいたら切れた。

 

確認してみたが、やはり着信履歴が残っていない。

 

その後も父と祖父の二人が揉めた日に限って、その電話がかかってくる。

 

もちろん履歴は無い。

 

これは余談だが、私が一番ドキッとしたのは、夜中に台所でお茶を飲んでいたらその着信音が鳴った時だ。(笑)

 

ちなみに、その不思議な着信以外は普通に発着信可能で、履歴も残る。

 

ショップに持って行ったが、そんな症状はありえないと言われ、挙句に軽く理由を話したら、「それ絶対に幽霊ですよ・・・怖いですね・・・」と言う始末。(あんた絶対仕事中ってこと忘れてるでしょ、と思う私)

 

鳴った弦楽器の着信音については、最初からインストールされているものの1つで不思議はないように思うが、祖母の携帯電話の着信音は基本のピピピ音にセットしてあった。

 

そして、その着信以外はピピピ音が鳴っていた。

 

もしかして携帯電話が壊れていただけかもしれない。

 

でも、とても不思議な着信だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ