友人が怪死した雑居ビルでの恐怖体験 1/2

階段

 

今からもう14年くらい前の

中学2年の時の話です。

 

日曜日に仲の良い友人達と3人で、

映画を観に行こうという話になりました。

 

友人達を仮にAとBとします。

 

私の住んでいる町は小さくて、

映画館がある町まで出るということは、

 

田舎の中学生の私達にとって

大きなイベントでした。

 

前日の土曜の夜、

 

ウキウキしながら家にいると、

Bから電話がありました。

 

「ごめん、

 

明日バイオリンのレッスンが

あったんだった。

 

ちょうど映画が終わるくらいの時間に

レッスンも終わるから、

 

○○町(映画館がある町)の駅の

改札あたりで待ち合わせしよう」

 

という内容でした。

 

Bは結構なおぼっちゃんだったので、

バイオリンを習っていたのです。

 

3人揃って楽しく大きな町で

映画を観られると思っていたので、

 

少しがっかりしましたが、

 

映画の後に3人揃って遊べばいいやと、

気を取り直してその日は床につきました。

 

そんなわけで翌日、

僕とAの二人で映画を観に行きました。

 

映画を観終わったあと、

 

二人で「面白かったねー」と

話しながら駅に向かっている時、

 

「ねえねえ、

 

このビルの3階まで上れば、

駅へ続く歩道橋があるよ」

 

とAが言いました。

 

そこは大きな町だったので、

 

駅前から複数のデパート等へと続く歩道橋が、

3階くらいの高さで広がっていました。

 

私も信号に捕まりながら歩くよりは

いいかなと思い、

 

映画館の横にあるビルに入りました。

 

そのビルは、

 

小さな雑貨店がたくさん入っている

雑居ビルでした。

 

私達は階段を見つけ、

1階から上って行きました。

 

3階まで着くと、

店側に入る扉がありませんでした。

 

きっとそのフロアは

倉庫か何かになっていて、

 

この階段からは一般の人が入れない

ようになっているのだと思い、

 

「やっぱり1階に戻って、

普通に歩いて行こうか」

 

と私が言うとAは、

 

「いや上ってみよう。

 

4階からお店側に入れるかも知れないから、

そしたら別の階段から3階に降りればいいよ」

 

と言いました。

 

しかし、4階に上っても、

扉はありませんでした。

 

さらに5階へと進みました。

 

しかし扉はありません。

 

だんだん私達も意地になって、

どんどん階段を上って行きました。

 

10階位まで上ったでしょうか。

 

私は少しおかしなことに気づきました。

 

外からこのビルを見た時は、

10階もなかったような気がしたのです。

 

しかしAは、

 

「もっと行くぞ!」

 

と張り切って進んで行きます。

 

私達は階段をどんどん上って行きました。

 

20階くらいまで来て、

私は完全におかしいと思いました。

 

階段も何故か古くさく、

ジメジメした感じになっていました。

 

ゲームのバイオハザードに出てくる、

苔むした嫌な階段みたいな感じです。

 

私はこの時点でかなり怖くなっていたので

Aに向かって、

 

「ねえ、もう引き返そうよ。

絶対に変だよ、これ」

 

と言うと、

先を行くAは私に背中を向けたまま、

 

「ハハハ、変だね」

 

と言います。

 

何をふざけているんだと、

少し気分を悪くした私は、

 

「何笑ってんだよ!

帰ろうって言ってるんだよ!」

 

と少し語気を荒めました。

 

するとAはまた、

 

「ハハハ、変だね」

 

と言います。

 

私はそのAの言葉に

さらにムッとしましたが、

 

階段を上っていくAの姿が、

少しおかしいことに気づきました。

 

姿形はもちろんAなのですが、

動作の一つ一つがおかしいのです。

 

確かに階段を上がる動作なのですが、

何かこう、

 

人間が人形を手で動かしているような、

ぎこちない動きでした。

 

右手、左手、右足、左足、

それぞれが独立して動いているような、

 

ともかく変な動きでした。

 

私は足がすくんで、

その場に立ち止まりました。

 

するとAも立ち止まり、

クルッと私の方へ振り返りました。

 

「ハハハハハハハハハ変だね、

変だね、ハハハハハハハ」

 

と笑うAの顔を見て、

私は叫び声をあげました。

 

動作と同じく、

顔の表情もぎこちなく笑うAの顔。

 

何より、

 

白目が無くなって

眼球いっぱいに広がった黒眼が、

 

私に叫び声をあげさせました。

 

私は踵を返し、

全速力で階段を駆け下りました。

 

途中、足がもつれて

転びそうになりましたが、

 

それでも無我夢中で駆けました。

 

気づくと雑居ビルの1階にある、

薬屋さんにいました。

 

どうやって階段から出たか、

その時の記憶はないのですが、

 

パニックになっていた私は、

後ろを振り返らずに駅まで走りました。

 

(続く)友人が怪死した雑居ビルでの恐怖体験 2/2

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ