土間の縁側から

松谷みよ子「現代民話考」に出ていた話。

終戦から幾らも経ってない頃と思われます。

 

当時の家は、台所が土間のまま

ってのいうのも多かったんですね。

 

記憶を頼りに書いてるので

細部は違うかも。

 

タクシー運転手の奥さんが、

まだ5才になったばかりの子を

残して亡くなった。

 

父親は仕事で出掛けている時間が長く、

その間、隣の家に

子どもを預けていたのだけれど、

深夜になっても帰って来ないものだから、

親切で面倒をみてた隣人も、

さすがにしびれを切らして、

子どもをひとりぼっちの家に

帰してしまうことも多かった。

 

子どもは寂しくて、父親が帰ってくるまで、

親の名を呼んで泣いていたそうだ。

 

ある晩、子どもの泣き声がぴたっと止まり、

笑い声が聞こえてきた。

 

隣人は 「ああ父親が帰って来たのだな」

と納得したのだけど、そのしばらく後に

父親の帰宅する音が聞こえてきて、

「父ちゃんおかえり」

と子どもが出迎えている。

 

そうした夜が何晩か続いて、

不審になった隣人はある晩、

子どもの様子を見に行った。

 

子どもは、暗い部屋でひとり、

喋っては笑っている。

 

その様子が、

誰かと話しているもののようなので、

翌日、父親にそのことを話した。

 

父親は子どもに、

毎晩誰と話しているのか、

と尋ねた。

 

「母ちゃんだよ。

おいらが寂しくて泣いてると、

母ちゃんが来て、だっこしたり、

頬ずりしたりしてくれるの」

 

「それで母ちゃんは、

どっから入ってくるんだ?」

 

子どもは、土間の縁側を指さした。

 

「あの下から、ニコニコしながら

這って出て来るよ」

 

それから父親は仕事を変えて、

早く帰宅するようになったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ