彼女の親友が見た浮気現場

駐車場

 

ある日、彼女の親友が突然

怒鳴り込んできた。

 

俺が浮気している現場を、

どこかで見かけたのだというのだ。

 

でも、まったく身に覚えがない。

 

本当だ。

 

どう考えてもその親友の見間違い

だとしか思えないのだが、

 

「間違いなく、

あなたの(俺の)車だった!」

 

と言い張る。

 

車のナンバーなどは覚えていない

とのことだけど、

 

どうやら目印があるらしい。

 

あまりにしつこいので、

一緒に駐車場へ見に行った。

 

そして、俺の車を見た瞬間、

その親友が言った。

 

「ごめん。私の勘違いだった。

でも、車変えた方がいいよ・・・」

 

だってさ。

 

あれだけ濡れ衣着せといて、

何様じゃボケ~!

 

(終)

解説

彼女の親友と一緒に

駐車場へ車を見に行くと、

 

浮気相手と思っていた女が、

その車にまだ乗っていた。

 

つまり、

 

親友が見たその女は、

幽霊だったのである。

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ