一体、助手席には何が居たのだろうか

車内

 

これは、知人に聞いた話。

 

山中を車で走っている最中、不意に何かが道を横切ったので急ブレーキを踏んだ。

 

「今の見たか!?」

 

ひどく興奮して助手席の方に話しかけた。

 

・・・が、そこには誰もいない。

 

そもそも、誰かを車に乗せた記憶がない。

 

灰皿には吸いかけの煙草があった。

 

知人には車内で煙草を吸う習慣などない。

 

では一体、助手席に何がいたのだろうか?

 

~以下、「あとがき」と「考察」に続く~

スポンサーリンク

あとがき

知人曰く、この日は家に帰り着くのが1時間以上遅れたそうで。

 

そんなに長い時間、停車していた覚えもないらしい。

 

それに、ブレーキを踏む前に「何を見たのか?」も、記憶から抜け落ちている。

 

考察

ぱっと考えられるのは以下の3つだろうか。

 

1つ目は、隣にいたのは“幽霊”、もしくは人に暗示をかけられる“化生”(化け物や妖怪)の類い。

 

幽霊の場合は、とり憑かれていたか、とり憑かれている。

 

化生の場合は、からかわれていた可能性が高いが、そうでないのなら喰らわれる直前だったかもしれない。

 

2つ目は、隣にはもともと知人がいたが、何者かによって“神隠し”された。

 

そして隠されたことによって、存在が元から無かったことにされた。

 

3つ目は、強い力を持った何者かが、“体験者を己の領域に引きずり込もうとしていた”

 

つまりは神隠しされるところだった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ