元々は一つだった二つの部屋

蛍光灯 照明

 

大学入学の春から一人暮らしを始め、

もう2年になる。

 

俺が見つけ出した格安物件は、

 

小奇麗なフローリングのワンルームで、

家賃とのコストパフォーマンスは最高だ。

 

大家さん曰く、

 

俺が住んでいる部屋とその隣の部屋は、

元々一つに繋がっていたらしい。

 

それを改装して、

二つの部屋に区切ったと言う。

 

その名残りなのか、

 

どちらかの部屋で電気を

点けたり消したりすると、

 

その度にもう一方の部屋で、

ほんの一瞬だけ電気が消える。

 

その隣人も、

どうやら一人暮らしの人らしい。

 

最初こそ俺は遠慮して、

 

極力電気のスイッチを

いじる回数を少なくしていたが、

 

今ではもうお互い様ということで、

そんな遠慮もなくなった。

 

ある夜のこと、

俺はパソコンをいじっていた。

 

隣の部屋からは、

微かに物音が聞こえる。

 

大家さんは部屋を区切る際、

防音にはしっかり配慮したというが、

 

やはり完全ではないのだろう。

 

生活音程度なら、

ほとんど消音できているのだが。

 

気にせずネットサーフィンを続けていたが、

急に物音がドタンバタンと慌しくなった。

 

なんだ?と思って壁の方に向き直ると、

俺の部屋の電気が一瞬消えた。

 

そして、

物音は聞こえなくなった。

 

もしかして、

 

暗い中で電気のスイッチを

探していたのかな?

 

・・・なんて思いながらパソコンに戻る。

 

程なくして、

隣の部屋の扉が開く音がした。

 

あ、それじゃ・・さっきのは、

電気を点けたのではなく消したのかな?

 

きっと、

ドタバタと外出の準備をしていたんだな。

 

・・・なんて一人で勝手に納得して、

 

ユーチューブで音楽でも聴こうと

イヤホンを付けようとした時、

 

また一瞬電気が消えた。

 

このくらい遠慮なくスイッチを

パチパチやってくれた方が、

 

こっちの気兼ねもなくていい。

 

そのあとは目を瞑りながら、

ずっと音楽を聴いていた。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

隣の部屋には、

住人以外に何者かが潜んでいる。

 

『物音がして電気が一瞬消える』

(何者かが慌てて気配を消した)

 ↓

『扉が開く音がする』

(住人が帰宅)

 ↓

『再び、電気が消える』

(住人が部屋の電気を点けた)

 

“ドタバタと物音がする”ということから、

霊ではなく人間の仕業だと思われるが・・・

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ