娘を殺された父親の心境

インタビュー

 

ある閑静な住宅街で、

女子児童暴行殺人事件が起こった。

 

女児が見るも無残な殺され方をした為、

人々の注目が集まる事件となった。

 

テレビ局はニュースの報道をすべく、

被害者の父親にインタビューを行うことにした。

 

「今のご心境は?」

 

「心境もなにも・・・信じられません・・・

今でもあの子が帰ってくるような気がして」

 

「○○○ちゃんは、

どんなお子さんだったのですか?」

 

「いつも元気に走りまわって、

にこにこと笑顔の可愛い子でね・・・

 

本当に信じられない・・・」

 

「犯人に対して、

言いたい事はありますか?」

 

「言いたいことなんて何もないですよ。

 

一刻も早く捕まえて死刑にして欲しい。

こんなやつ、人間じゃない」

 

「最後になりますが、

何か言いたいことはありますか?」

 

「・・・警察の人には頑張ってもらって、

 

一日も早く犯人を捕まえに来て欲しいと

心から願っています」

 

この報道の後、

すぐに犯人は逮捕された。

 

そして・・・

 

父親の望んだ通り、

犯人は極刑となった。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

犯人は、この父親である。

 

父親は犯人のことを『こんなやつ』と、

身近にいる存在のような言い方をしている。

 

さらには、

 

『一日も早く犯人を捕まえに来て欲しい』

 

などと、

おかしな言い方をしている。

 

本来なら「捕まえてほしい」と、

言うべきではないだろうか。

 

『捕まえに来て』だなんて、

 

犯人が家の中にいる人物であると

知っているような言い方だ。

 

ちなみに、

 

この話は90年代に実際に起きた

殺人事件を基にしている。

 

その事件とは、

 

父親が多額の保険金目当に

我が子を殺してしまい、

 

まるでこの話と同じように、

 

テレビニュース番組のインタビューで、

おかしな発言をしていたとのこと。

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ