3つ目の願い

あるところに、

とても物知りの若者がいた。

 

ある男が彼に質問した。

 

「なあ、

悪魔を呼び出せば、

 

3つの願いを叶えて

くれるんだろう?」

 

「そうらしいな」

 

「もしあんたが悪魔を呼んだら、

どんな願い事をする?」

 

「そうだな、1つ目は、

 

俺が健康なうちに残り2つの

願いを叶えてくれだ」

 

「なるほど、考えたな。

じゃあ、2つ目は?」

 

「俺が若いうちに最後の願いを

叶えてくれだよ」

 

「え?

 

じゃあ3つ目の願いは

何なんだ?」

 

「それがなあ・・・。

実はまだ決めてないんだよ」

 

その時、

 

どこからともなく恐ろしげな

声が聞こえてきた。

 

「早く最後の願いを言ってくれ!

 

一体何百年待たせたら

気が済むんだ!」

 

(終)

解説

1つ目と2つ目の願いを

合わせると、

 

「健康で若いうちに

願いを叶えてくれ」

 

となる。

 

つまり、

 

最後の願いが叶うまでは

病気にもならず、

 

若いままである。

 

そして、

 

「早く最後の願いを言ってくれ!

 

一体何百年待たせたら

気が済むんだ!」

 

から、

若者は何百年と生きている。

 

上手いことやったなとも思うが、

 

何百年も待っている悪魔の

心中を察すると怖すぎる。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “3つ目の願い”

  1. 匿名 より:

    星新一の小説にこんなんあったな

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ