町内の放送

俺の住んでいる町内では、

徘徊老人や迷子が出ると、

 

役所が街灯拡声器で

放送を流す。

 

「○○歳の男性が××時から

行方が分かりません。

 

背格好は・・・」

 

とかそんな感じ。

 

見つかると、

 

「先ほど放送した男性は、

無事保護されました」

 

というような放送が流れる。

 

冬になると毎年風物詩のように、

この放送が流れるんだ。

 

今朝も、

 

黒っぽい服を着た

67歳の男性の行方が、

 

朝9時から分からなく

なっているという。

 

こんな寒いのに、よく出歩く気に

なるもんだと思っていたら、

 

夕方になってまた放送が流れた。

 

「先ほど放送した男性は

発見されました」

 

(終)

解説

町内の放送では、

 

生きて見つかった時は

「保護」と言い、

 

遺体で見つかった時は

「発見」と言うのだそうだ。

 

67歳の男性は「発見されました」だったので、

亡くなっていたと思われる。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ