ある日、知らない男性に話しかけられ

山道

 

これは、まだ私が幼かった時の実体験です。

 

私の家は山奥の集落にあります。

 

小さい頃は山で遊ぶのが私の日課でした。

 

ある日、知らない男性に話しかけられ、どこかへ連れて行かれそうになりました。

 

今思えば古典的な誘拐だったのでしょうが、当時の私はホイホイと付いて行きました。

 

腕を掴まれ引っ張られていくうちに、男性は迷ったのか、足を止めます。

 

なにせ山奥ですから、目印も、特徴的な景色も、何一つありはしません。

 

ああ、迷っちゃったんだ、元の場所に戻らないと。

 

そう思い、男性に付いて来るように言って、来た道を戻りました。

 

しかし、少し歩いたところで後ろを向くと、男性はいませんでした。

 

逸れちゃった?と思って少し探してみましたが、歩いて来た山道にはいません。

 

仕方ないので、自分だけでも帰ろうと自分の家まで戻ると、何故か警察の人達が来ていました。

 

なんでも、私は1週間も家に戻っていなかったそうです。

 

その後、数週間してから身元不明の男性の死体が発見されたと親に聞きました。

 

もしかしてあの時の山での体験は、神隠しみたいなものだったのでしょうか。

 

そして未だに分かりませんが、この出来事が起きてからは、集落のお年寄り達は「捧げねば・・・捧げねば・・・」と私を見る度に口にします。

 

いくら文明が遅れている集落だからといって、『人身御供』はもちろん嫌です。※人身御供(ひとみごくう)とは、人間を神への生贄とすること。

 

それに、神隠しよりも人身御供の方が最近は恐ろしく感じています。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ