洞の奥で女性だけが次々に消える!?

洞穴

 

これは、知り合いの祖母の話。

 

戦時中、疎開先の山村で「防空壕を掘ろう」ということになった。

 

ただ、どう考えても米軍戦闘機が来襲するような場所ではなかったらしい。

 

村人なりに、「戦争に参加しよう」という心の働きからそういう行動をしたのではないか、というのがお祖母さんの説明。

 

そんな空気の時代だったらしい。

 

村外れの森に手頃な大きさの洞窟があったので、そこを拡張することにした。

 

作業に取り掛かって数日、おかしなことが起こり始める。

 

洞の奥で一緒に作業していた仲間が、いつの間にか居なくなっていたのだ。

 

まだ若い人妻だったという。

 

外へ出たことに気がつかなかったのだろうと思っていると、洞前で作業している者たちは「誰も外には出て来なかった」と言い切った。

 

健康な男性のほとんどは戦地に出ていたので、堀手はほとんど老人や女手ばかり。

 

狭い村のこと、皆素性は知れている。

 

居なくなる理由など、誰にも思いつかない。

 

不気味に思いはしたが、それでも作業を止めることはなかった。

 

そしてすぐにまた、2人目が居なくなった。

 

歳をとっていたが、やはり女性だったという。

 

3人目が居なくなった時点で、防空壕の話は立ち消えになった。

 

これも、やはり女性だった。

 

後で調べたところ、どうやら件の洞穴は『よくない因縁のある場所』だったらしい。

 

大昔に何かを追い込んで狩ったという言い伝えがあったみたいだが、それについては誰も詳しく知らなかった。

 

以降、その洞の話題は村の禁忌になり、誰も口に上らせなくなる。

 

特に女性は、昼でもその近くへ行くのを嫌がるようになった。

 

間もなく終戦を迎え、疎開組の人たちもその村から引き上げた。

 

その後、行方不明になった人たちが帰って来たかどうか、お祖母さんは知らない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ