悪魔との契約

男は3ヶ月前、

息子を轢き逃げで亡くしていた。

 

妻に先立たれ、

 

男手一つで育ててきた息子だけが

生き甲斐だった男は、

 

犯人を殺したいほど憎んでいた。

 

犯人は捕まったが、

 

これでは容易に復讐も

出来なくなってしまった。

 

ある日、

 

男は古本屋で「悪魔召喚」と書かれた

一冊の本を手に入れた。

 

こんなモノを信じてはいなかったが、

 

何も出来ない自分が許せなかった男は、

悪魔を呼び出してみることにした。

 

本当に悪魔が現われた。

 

「お前の望みはなんだ?」

 

「息子を殺した奴に復讐がしたい!

殺してやりたい!」

 

「前払いでお前の死を

報酬として貰うが良いか?」

 

息子を失った男は、

自分の命など惜しくはなかった。

 

「ああ、それで構わない」

 

「ならば契約成立だ」

 

数日後、

 

轢き逃げ犯が謎の死を遂げた

と聞いた男は、

 

悪魔との契約の事を思い出した。

 

前払いで私の死ではなかったのか?

 

だが私は生きている・・・。

 

奴は悪魔に殺されたわけではないのか?

 

あの悪魔は嘘を吐いたのか?

 

そんな疑問を抱え数日が過ぎた頃、

再び男の前に悪魔は現れた。

 

「契約は果たした、さらばだ」

 

「待ってくれ!

 

あんたは私の死を報酬にしたはずだ!

 

なのに、

何故私は生きている?」

 

「たしかに報酬はお前の死だ。

勿論きちんと頂いた」

 

悪魔は笑いながら、

最後の言葉を残して消えた。

 

(終)

解説

悪魔が報酬として指定したのは「死」。

「命」ではない。

 

つまり、

男は死ねない体になった。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ